【市場価値がない?】転職か仕事を続けるか悩む人が取るべき手段3選

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

このまま会社員を続けていいの?

仕事がストレスだから転職したい!でも活かせる経験がない。

転職するか、今の仕事を続けて定年まで働くかで悩んでいる。

このような不安をかかえて毎日を過ごしていませんか?このもやもやとした不安、実は自分軸がないせいで生まれています。

  • 理由なく今の会社で働き続けている
  • 悩みを相談できる相手がいなくてどうしたらいいのか分からない
  • 転職した方が良いのか会社に残った方がいいのか悩んでいる

自分軸とは自分の価値観の軸を持つことです

自分の目標のために働きます。会社や仕事のためではありません。

この記事を読めば市場価値診断で自分の悩みが浮きあがり、可能性を高めるポイントが分かります。

ミスや失敗をしたらどうしたらいいですか?うまくいかなかったら不安です

大丈夫です。自分の自分軸を知れば不安や悩みを減らせます。

自分軸でぶれない価値観を持っていれば、方法や手段を変えて何度でもチャレンジできるようになりますよ

市場価値を高めるための資格やおすすめの仕事を紹介します。

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

今の仕事に悩んでいるのは「自分軸がない」せい?

今の仕事に悩んでいるのは「自分軸がない」せい?

仕事の悩みでもやもやしていませんか?

  • 仕事に向いてないと思うことがある
  • 上司や同僚、後輩など会社の人とコミュニケーションが取れない
  • 周りと比べて得意やできる仕事が少ないと感じてしまう

国際的に見て、日本人は自分に満足していない人が多くなっています。

自分自身に満足していないけれど自信がない、自己評価が低いわけではないことも分かっています。

このデータから自分軸を持っていないせいで市場価値がないと思ってしまうことが分かります。

自分軸をはっきりさせないと市場価値がないと思ってしまう

自分の価値観をはっきりさせていないから市場価値が分かっていない

自分軸がはっきりとしていない人は自分の価値観を把握していません。何をやりたいのか、どうしてこの仕事をしているのかは自分の価値観です。

価値観がないと仕事の面でも評価されにくく、自分には市場価値がない?と思ってしまいます。

市場価値は自分の経験やスキルと企業の求める人材のマッチングで生まれる

市場価値は自分の経験やスキルと企業の求める人材のマッチングで生まれる

市場価値は企業とのマッチングで生まれます。需要が多いほどマッチングする可能性が上がり、そうではない場合は下がります。

マッチングに必要なのは長所を知ってスキルや経験を磨くことです。日本人で長所があると答えた人が17.7%と低くなっています。

長所を活用してスキルを磨き、経験を積んで市場価値を上げていきます。

長所を活用して経験を積んだら仕事の悩みは減らせますか?

はい、減らせます。減らすためにはまず仕事の悩みを認識しなければいけません。

次に働くときの悩みを見ていきましょう。

一番の悩みはお金や将来のこと

お金や将来の悩みを減らすためには自分軸を持つ必要があります。自分軸は自分の価値観です。

基準となる価値観があれば自分が今の仕事をすることが最善かの判断がつきます。

自分軸を持つと判断に迷うことが減る

自分軸を持つと判断に迷うことが減る

今の仕事に悩んでいる人は仕事を変えるべきか変えないべきかで揺れています。頭の中を整理するためにも、市場価値を高めていきましょう。

くわしく知りたいの記事を読むと自分軸の理解を深められるのでおすすめです

お金や将来の不安を解消したいと思った人も市場価値がないと悩んでいる人も、次の手段3選で市場価値を磨けます。

くわしく知りたい!

転職と自分軸の関係とは?市場価値を高めるために必要な「自分軸の見つけ方」を伝授!

自分自身に満足していないけど自己評価が低いわけではない状態です。自分軸を持って価値観を深掘りしていきましょう。

自分には市場価値がないと思った人へ

自分には市場価値がないと思った人へ

市場価値がないと思った人はまず自分軸を持つ必要があります。

自分軸は自分の価値観です。価値観が分かっていないと仕事面で得られる成果が少なくなってしまいます。

自分軸を持つために必要なポイント3点

自分軸のポイントは3つあります。

  • 何のために仕事をするのか(お金、スキルアップ、経験、自己実現など)
  • 仕事をしてどうなりたいのか(生活を安定させる、人生を豊かにする、もっといい会社に入るなど)
  • 仕事で自己実現するためには何が必要なのか(部署異動の申請、転職、スクールに通うなど)

自分がイメージする自分と、自分の価値観のイメージが別人になることがある

お金の不安を解消させるために仕事をしていたが、実は自分の求めているものは安定ではなく自由な時間だった
(会社員(SE)からフリーランスに転向)

最優先はお金だと思っていたけど、本当は自由だったんですね

営業職で働いていたが実は会計に興味があることが分かり、簿記の資格を取った
(部署異動を申請し、営業部門から経理部門へ異動)

同僚が簿記を取得したのを見て興味を持ったそうです

一般事務職だったがITスキルを磨き、上司から推薦されてシステム部門(保守、障害対応)に異動した
(ブログ運営者の経験です)

嫌いじゃないから試しにやってみるの精神でチャンスをつかみました

市場価値がないと思ったら取る手段は【転職活動】【会社に残る】【周りの人に聞いてみる】

自分軸を持っても、市場価値がない悩みは消えていませんよね。次は市場価値がない悩みを減らすおすすめの手段を紹介します。

  • 転職活動をする
  • 会社に残って働く
  • 周りの人から話しを聞いてみる

転職活動をしてどんな人材が求められているのか実際に確認する

転職活動をしてどんな人材が求められているのか確認

転職ではなく転職活動です。転職活動では自分の価値観を見つめ直す貴重な機会になります。

転職は内定を受けるまでを指しますが、今回は転職活動をすればOKです。

  • 自分の過去を見直す
  • 職務経歴書をつくる
  • 募集している会社を調べる
  • 面接して実際の転職市場を見てみる

会社に残って自分のスキルを磨き、経験値を貯める

会社に残って自分のスキルを磨く

転職するか今の会社のまま働くかで悩んだときは、転職せずに働き続ける手があります。

転職活動で自分の位置を把握して今の会社でスキルを磨けば、転職するときの大きな武器になります。

経理職で働きたいときは応募要項の資格欄に注目しましょう。

経理部門で働きたい→募集要項に簿記の資格の記載がある→簿記の資格の勉強をする
経理部門で働きたい→募集要項に簿記の資格の記載がある→簿記の資格の勉強をする

システム部門の場合はどのような働き方をしたいかを考えてみましょう。

  • プログラマーとしてシステム部門で働きたい
  • 実績が必要な会社が多い
  • 独学で勉強してプログラムを組み、完成したシステムを成果にする

今の会社に残るメリットを最大限利用して、自分のやりたい仕事を探していきます。

ほかの人に相談して人生プランを聞いてみる

ほかの人に相談して人生プランを聞いてみる

将来どうしたいのかを決めるためには自分だけでは決められないことがあります。そのときは周りの人にどのような将来を考えているのか聞いてみましょう。

第三者に聞きたいときは転職エージェントやキャリアカウンセラーに登録してみる

\ 市場価値が上がる転職がしたい /

おすすめの転職エージェント

家族や友人に仕事や人生は聞きにくいですよね。そのときに役立つのは転職エージェントやキャリアカウンセラーです。

仕事は人生の中心です。

仕事の悩みを話すと人生を決めるパーツが揃っていきます。

おすすめのエージェントやカウンセラーを紹介しているので覗いてみてください。

たったこれだけ!相手の価値観を知るための質問5本

テッパンの質問です。相手が大切にしているものが分かります。価値観を知る基本ですね。

収集しているものは相手の興味のあるものです。オウム返しで話しを広げやすく会話が続きやすいのでおすすめです。

ネガティブなことを聞くのは少しためらいますが、相手の感情に触れられます。地雷の話題を知れて先に対応できるようになります。聞いてしまいましょう。

何時間でもできることは相手がストレスにならないことです。趣味や特技は何ですか?の言い換えなので汎用的に使えます。

落ち込んだことを聞くときと同じく少しネガティブな発想ですが、相手の深層心理を覗けるのでおすすめです。やりたくないことは生理的に無理なことなので、関する話題を振るのはやめておきましょう。

自分の価値観をしっかり把握していれば、悩んだときに転職、今の仕事を続ける、周りの人に相談する、の3つのルートを選べます。

1分でできる市場価値診断

市場価値のある、なしが測れる簡単な診断です。はい、いいえの2択で答えられます。

Q1
目標に向かって行動していますか?

市場価値がない悩みの解決には、市場価値を下げる行動をしないようしましょう。

くわしく知りたい!

転職で必須な市場価値の測り方とは?企業のほしい人材にじぶんの強みがマッチする方法

次に下げてしまう行動や、市場価値がないと思っている人にありがちな間違いを解説します。

市場価値を下げる行動は自分を知らないままでいること

市場価値を下げる行動は自分を知らないままでいること

市場価値を上げるには自分の価値を活かさなければいけません。自分を知らないままでいると何をしたいのか分からず、会社の言うままに働き続けます

目標も目的もない状態で会社にしがみつくと、経験の軸がぶれてしまいます

おすすめは価値観を知って自分軸を築くのことです。

自分のやりたい仕事が見つかったときにいつでもスタートを切れるよう準備しておきましょう。

くわしく知りたい!

【市場価値とは?】3分でわかる転職活動を有利にするコツを徹底解説!

自分には市場価値がないと思っている人にありがちな間違い「仕事や職種に価値がある」

自分には市場価値がないと思っている人にありがちな間違い「仕事や職種に価値がある」

つまらない仕事ばかり回される。

大手のいい企業で働かないと市場価値なんて上がらない。

専門職でもないし、自分に市場価値なんてない。

このように思っていませんか?実は仕事や職種自体には価値がありません。

仕事や職種を通して、働いた経験を持っている人に価値があります。

仕事の経験があまりない自分にも市場価値はある?

仕事をしていれば必然的に市場価値を手に入れています。アピールが不十分だから市場価値がないと思ってしまうのです。

経験とスキルと自分の得意をかけ算で表してみましょう。

経験スキル得意PR
営業職のCさん法人営業資料作成図解づくりプレゼンテーション資料から潜在ニーズを掘り出せる
システムエンジニアのDさんWebアプリ開発仕様書作成潜在ニーズのくみ取り顧客のニーズを聞き出しつつ顧客との行き違いをなくせる
総務事務所職のEさん在庫管理発注タイミング管理データ分析需要の高い在庫品を過去のデータから割り出して得意先に提案
経験×スキル×自分の得意→自分のアピール材料

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

市場価値の源泉は仕事や職種で身につけた経験。経験×スキル×得意のかけ算で自分のアピールポイントを見つけていきましょう。

くわしく知りたい!

得意と特技はイライラからさがす!怒りから得意を見つけて仕事に活かす方法

市場価値が低い人とは?転職に使える経験やスキルのアピール方法を解説

「自分の市場価値を高めなきゃ」と思ったら始める3つの戦略

「自分の市場価値を高めなきゃ」と思ったら始める3つの戦略

自分の価値観が分かってきましたか?市場価値を高めるために、次は自分自身を磨いていきましょう。

おすすめの方法を3つ紹介します。

市場価値を高めるためには本を読む

読書の習慣は自分の価値を高めるために必須です。活字を読むと文章力や論理構成力、ボキャブラリーなど、日常からビジネスまで使える知識が身につきます。

今の日本で読書する人は減っています。

読書をしない人は自然と考えが浅くなり、読む人に比べて言葉の使い方が劣ってしまいます。

読書で知識を増やして、市場価値を高めていきましょう。

市場価値を高めるための資格やスキル

市場価値を高めるための資格やスキル

市場価値を高めるためには資格やスキルが有効です。

目指す職種によって学ぶ資格やスキルが変わるので、転職市場で需要と汎用性の高い資格やスキルをご紹介します。

TOEIC

市場価値を高めるための資格やスキル(TOEIC)

英語能力を測る国際的な資格です。リスニングとリーディングが試験科目です。

会社によっては昇級条件にもなっているので会社員で取得する人は多くなっています。

過去問題を解きながら出題の傾向をつかんでいけば難しくありません。

基本情報技術者

市場価値を高めるための資格やスキル(基本情報)

最低限のIT知識を持っている証として利用できる資格です。

プログラミングから経営に関わるところまで、ITエンジニアでなくても応用できる基盤が身につきます。

CBT試験(PCを利用した試験)になってから合格率が20%ほど上がり受かりやすくなっています。

プログラミングスキル

市場価値を高めるための資格やスキル(プログラミング)

会社員のほかにフリーランスの働き方も選べるスキルです。需要が高まっているのに人材が足りず、供給が追いついていません。

プログラミングに興味がある人はチャレンジをおすすめします。

\ 手軽にスキルを身につけたい /

おすすめのITスクール

Webデザインスキル

市場価値を高めるための資格やスキル(WEBデザイン)

ホームページのデザインだけではなく、アプリ開発などで活躍の場が増えています。

プログラミングの知識や画像編集のスキルが必要です。ITスクールで身につけられます。

\ 手軽にスキルを身につけたい /

おすすめのITスクール

市場価値を高めるためにするべき仕事

市場価値を高めるためにするべき仕事

市場価値を高めるためには自分の目標や自分軸とマッチングする仕事を選ぶ必要があります。

やみくもに働いたり転職したりしても市場価値は高まりません。

自分のやりたい仕事、なりたい未来の姿に近づくスキルを磨きましょう。

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

市場価値を高める方法は「読書」「資格やスキルの取得」「仕事」の3つ。経験を積んで市場価値を高めていきましょう。

くわしく知りたい!

【転職に有利】市場価値の高め方は?じぶんオリジナルのブランドで自己分析

市場価値がない?Q&A

市場価値がない?Q&A

市場価値がないと思ったら3つを試してみましょう。

  • 転職活動をする
  • 会社に残って経験を積む
  • 周りの人に聞いてみる

【詳しくは、記事内の「自分には市場価値がないと思った人へ」をチェック!】

転職する際に必要なのは「自分を求める企業があるか」です。スキルや経験を元に市場価値を調べるためにも、転職活動を試してみましょう。

【詳しくは、記事内の「自分軸を持つために必要なポイント3点」をチェック!】

自分の市場価値を下げる行動は「自分を知らないままでいること」です。自分のことは自分がよく知っているは間違いです。

【詳しくは、記事内の「市場価値を下げる行動は自分を知らないままでいること」をチェック!】

今の会社に残って足りないと思うスキルや経験を鍛えましょう。今の部署を続けても部署異動を申請しても問題ありません。必要と思う仕事にかかわる姿勢が大切です。

【詳しくは、記事内の「市場価値がないと思ったら取る手段は【転職活動】【会社に残る】【周りの人に聞いてみる】」をチェック!】

ポイントは3つです。

  • 読書する
  • 資格やスキルを取得する
  • 経験を積める仕事をする

【詳しくは、記事内の「「自分の市場価値を高めなきゃ」と思ったら始める3つの戦略」をチェック!】

市場価値がないとは?まとめ「市場価値の高い人材は自分自身を知っている」

市場価値がないとは?まとめ「市場価値の高い人材は自分自身を知っている」

いかがでしたか?
この記事を読んでいただければ自分の価値観を見つけたり仕事の悩みを減らしたりできたと思います。

次は記事のおさらいです。

  • 自分軸は自分の価値観
  • 判断の基準をぶれさせずに仕事や日常で一貫した判断をするために必要
  • 転職活動で自分の市場価値を知ると、転職でも今の会社に残っても有利になる
  • 市場価値は企業とのマッチングによって生まれる。経験×スキル×得意で自分のPRポイントが分かる
  • 自分軸を保つためには「何のために」「どうなりたいか」「何が必要か」を考える
  • 市場価値を下げないためには読書、スキルの取得、仕事をやり続けるが有効

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

  • この記事を書いた人

みんみ

市場価値ドットコムブログの管理人のみんみと申します。就活を経て入社1年目は総務職、3年目から一般事務職(営業事務職)、現在はオペレーター兼ネットワークエンジニアで得意先に出向中です。 市場価値と自分軸を知り、事務職から専門技術職へ職種チェンジしました。 ストレスなく仕事に臨んで、毎日を楽しく過ごしています。

目標は【自信をなくした全世界の人にじぶんの魅力を気づいてもらう】ことです。

-市場価値
-