自己分析

転職にはまず自己分析!やりたい仕事や働きたい会社をさがす方法を解説

自分のやりたいことが見つかる自己分析ツールはこちら

やりたい仕事が見つからない

自己分析が甘い気がするけど、何をしたらいいのか分からない

いまの会社がイヤだ。転職したいけどまた辞めたくならないか不安

このような悩みをお持ちではありませんか?

この記事を読めば自己分析の具体的な方法が分かり、自分のやりたい仕事をさがせるようになります。

自己分析は自分の可能性を広げる手段です

過去を振り返るだけではありません。
自己分析のやり方がわかっていれば、すべきことや将来のなりたい姿にたどり着く方法が分かります。

自己分析の方法は簡単です。

  • 過去をふり返る
  • 人生グラフをつくる
  • 過去とグラフから行動力を分析する

自己分析は転職だけではなく、未来の自分のために活用できます。
何をしたいのか、目指したい未来が分かるからです。

自己分析の結果、転職をしない手もあります。

いまの会社で適切な部署への異動を申請したり、勉強のために海外へ留学したりと道が開けます。

自己分析は自分を知るツールです。
自分をいちばん知らないのは自分なので、その答えをこの記事で探してみてください。

自己分析とは?自分の可能性を広げる手段

自己分析とは?自分の可能性を広げる手段

自己分析とは自分の本心をさがす作業です。

誰もが持っている深層心理は自分で分からないようになっています。
無意識の習慣なので、脳が認識しきれません。

動画が好きな人は気づくと動画を開いています。
花が好きな人は気づくと花屋に足を運んでいます。

自己分析でいまを見つめ、過去を探ってみましょう。

自己分析は過去分析

自己分析は過去分析

現在の自分をつくったのは過去の自分です。

自己分析は過去→現在→将来にむかって何をすべきなのかが分かります。
現状を把握して目標をたてることで行動に移せるからです。

まずは過去にさかのぼって経験や身につけたスキルを掘り下げていきます。
過去からのポイントをまとめ、目標と照らしあわせて未来を導く作業を行いましょう。

自分の可能性を広げる手段は転職以外にも複数あります


未来で実現させたい姿に自分を近づけるために、いまを見直してやりたいことを計画してみます。

  • 転職
  • 部署異動の申請
  • 大学などへの進学
  • 留学
  • 資格取得

これから転職に自己分析を活用させる方法を解説します。
転職は企業が過去の実績を再現してくれる人材や一緒に働きたい人材をさがす作業です。

自己分析でやりたい仕事を実現させましょう。

自己分析のやり方は【3ステップ】のみ!

自己分析のやり方は【3ステップ】のみ!

自己分析のやり方は3つだけです。
自分がどのような人間かを知りましょう。

クリアすると自分の魅力が浮かびあがってきます。
自分の言葉で自分の魅力を伝えられるようになれば、自己分析は完了です。

  • 過去をふり返る
  • 人生の波をグラフにする
  • 過去とグラフから行動力を分析する

過去をふり返る

過去をふり返る

過去は現在の自分をつくるきっかけです。
自分が選択してきた流れを一望してみます。

転職で必要な一貫性をみつけるためにも重要です。
自分に正直になってみましょう。

思わぬポイントが見つかるかもしれません。

仕事での経験を洗い出す

仕事での経験を洗い出す


会社名、肩書がなくてもアピールできるポイントはありますか?
いままでの仕事の内容、過程、成果が重要されます。

転職で必要なことはどれだけ利益を出せるかです。

会社名や肩書だけでは実績を再現はできません。

単なる事実です。
伝えられた方が困ってしまいます。

自己分析をするときは前提として「現職の会社名」「肩書」をはずして考えてみましょう。

自分史をつくる

自分史をつくる

経験を洗い出したら、次は自分史をつくります。

自分史とは生まれてから現在までの自分の歴史です。
根拠となるエピソードや提供すべき価値がわかるようになります。

印象に残っているやり取りやエピソードをさがしてみましょう。

仕事や生活をしている以上、エピソードがない人はいません

人生の転機を軸にすれば、職務経歴書づくりも楽にできます。

成功した体験やポジティブな思い出
成功した体験やポジティブな思い出

ポジティブな経験は自分が何に達成感を表すのかがわかります。

モチベーションの向上、気持ちを維持できたきっかけが経験です。
何が実力の発揮につながったのかも掘り下げると具体的なエピソードが現れてきます。

まずは根拠や理由の素材となるエピソードを集めましょう。

エピソードの数が出きった後に質を高めたり話しを肉づけしたりすればOKです。

失敗した体験やネガティブな思い出
失敗した体験やネガティブな思い出

誰でも失敗したり落ち込んだりします。

そのときに思ったことや感じたことを書き出してみましょう。
自分を知るヒントが隠れています。

  • 何が起きて失敗と感じたのか
  • どのような気持ちになったのか
  • 何が原因だったのか
  • 何を学んだのか

短所や失敗した経験は自己紹介や職務経歴書を書く際に使用します。
自分の過去を見て何が失敗だったのかをさがしてみてください。

職務経験
職務経験

何の仕事を、どのくらいの期間、どのように取り組んで、何を得たのかを掘り出します。

積み上げてきた実績が重要です。
自分にとって追い求めるべき専門性をさがしてみましょう。

  • 問題点が多くて専門的といえるのかわからない
  • ずっと続けてきた業務だけど再現性があるか不安

このような気持ちになっていませんか?

職務経験を洗い出す作業は自覚がある経験があるかが大切です。
内容や周りと比べての評価ではなく、自分自身がもっている経験をふり返りましょう。

  • 自分がもつ専門的な知識や経験がわかる
  • 克服すべき課題がきちんと見えているのか
  • 意識して行動できているのか

どのような経験があり、どのスキルから利益を生むのかがわかっていれば転職活動は怖くありません。

人生の波をグラフにする

人生の波をグラフにする

過去から現在の上がり下がりのイメージをグラフに当てはめてみます。

いちばんの谷の部分からどのようにして上がっていったのかがポイントです。
きっと自分の経験となって活きているはずです。

モチベーショングラフ

モチベーショングラフ

いきなりグラフにするのは難しいです。

いままでの経験をとにかく書き出してみましょう。
生まれたころから現在までの谷と山をつかみ、自分のスキルをさがしていきます。

例:小学生のときは何をやっても上手くいったが、中学生から消極的になった

  • 何をしたのか
  • 何を得たのか
  • どう乗り越えた

経験を出したら原因と理由を追求します。

原因と理由(谷)

勉強が一気に難しくなり、テストで点数を取れなくなってしまった

谷の部分がわかったら、どのように何をしたのか、乗り越えたのかを書いていきます。

谷から抜け出した行動

小学生の教科書から復習をはじめた

基礎の基礎ができておらず、一つずつ見直したら中学生の勉強もわかるようになった

あきらめずに原因をさがして過去から修正する力を得た

モチベーショングラフで表してみると谷と山を視認できます。

挫折や苦労は自分の魅力を引き出すための重要なポイントです。
思い出せることを絞り出してみましょう。

過去とグラフから行動を分析する

過去とグラフから行動を分析する

過去とモチベーショングラフから自分の行動の一貫性をさがします。

共通点がなければ過去と現在をつなぐことはできません。
継続している行動があることで経験の説得力が増します。

共通点のポイントは変化したきっかけ、共通の行動考え方から特徴にすることです。

無意識のうちに考えて行動していたり、なぜこの対応をしたのか不思議に思ったりしてしまうかもしれません。
自分を自覚することで深層心理に隠された自分の強みや弱み、好きなこと、特性をみつけることができます。

  • エピソードのネガティブをポジティブに変える挫折や苦労や失敗を問われる
  • 考え方や成長性の確認
  • 精神面の強さ

平凡に見えることが個性の差別化につながる

平凡に見えることが個性の差別化につながる

過去をふり返ってグラフを分析してみたけど、特出するような経験は何もなかったなぁ

このように思ってしまっていませんか?

実は平凡に見える何気ない性質が個性です。
「誰でも持っている」と思うスキルは、周りの人からは当たり前ではありません。

成果は大切です。
成果を出して結果を残すと、目に見える努力した証になります。

ですが、過程はさらに重要です。

  • 自分だけのエピソードを築ける
  • 自分がどのような人間かを説明しやすくなる
  • 言語化すると自分の特性がわかり、行動しやすくなる

成果はタイミングや運、周りの人のスキルで左右されることがあります。
過程を見れば再現性が高まり、転職してもそのスキルを活かすことができます。

何気ない経験やスキルも、周りから見ると貴重な個性です。

差別化できる要素なのでアピールにつなげていきましょう。

自己分析は転職以外にも活用できます。

過去、現在と経験を洗い出し、未来にむかってなりたい姿をイメージすると行動に移しやすくなります。

あわせて読みたい

【たった3ステップ】自己分析のやり方を解説!転職や就活で活用できるツールを紹介

転職の一貫性とは?経験なしでも転職できる「一貫性を持たせる」方法

よくある自己分析だと自分は分からない

よくある自己分析で自分は分からない

自分は自分を理解できていません。
得意ややりたいことは認識しにくいからです。

苦手なことは脳がストレスを認識して拒否反応を起こします。

意識できるのは短所だけです。

脳はストレスがかかることを避けようとします。
長所や得意なことは簡単にできてしまうので自覚できません。

自己分析ができないのは「周りの期待の犠牲」になっているから?!

自己分析ができていないのは「周りの期待の犠牲」になっている?!

自己分析ができていないのは自分の期待が分かっていないからです。

会社の期待や上司の期待にこたえるために目標を達成する日々を過ごします。
会社から「この仕事が向いてるからこの部署に所属しなさい」と言われて業務にあたっています。

会社の目標に自分の気持ちは入っていません。

自分の思いを無視するような行動は、徐々に違和感や抵抗感をなくていきます。
気づくと何をしたいのか分からなくなる状態です。

周りの期待にしか目をむけていません。

逆に自分の期待が分かっていると「自分はもっと成長できるから転職したい」「仕事が嫌だからどうにかして抜け出そう」という考えにはなります。

心から興味のある、楽しいかもしれないと思える仕事を探してみましょう。

自己分析は自分の期待をみつけ、自分の可能性を広げることができます。

自分の可能性とは未知の能力です

未知の能力を持っているので自己分析できっかけを見つけていく必要があります。
自己分析を行うことで自分の得意を見つけられます。

自己分析で見つけられるのは「得意の切れ端」だけ

自己分析で見つけられるのは「得意の切れ端」だけ

自己分析では切れ端だけしか得られません。
そこから試行錯誤や軌道修正をくり返して、自分だけの得意やほかの人にはない特性をつくります。

自分だけの、自分だけが持てる個性です。
自分をオリジナルブランド化すると呼んでいます。

自分の期待が何なのか、やりたい仕事は何かが分かっていないと先に進めません。
考えなしに転職すれば、いまの会社と同じ結末になってしまいます。

得意や特性からやりたい仕事が見つかり、人生の羅針盤を築くことができます。

自分の可能性を広げるためにも自己分析をすべきです。
自分の将来を決められるのは自分だけです。

自己分析で自分の過去、現在を見返して、理想の未来をつくっていきましょう。

「自分の可能性を広げられるのは自分だけ」です。

自己分析で自分の意志を持ち、人生の羅針盤を描いてみましょう。

あわせて読みたい

【自分の強みとは?】苦手と弱みを克服できないワケと強みを知る方法

転職に失敗する人は自己分析ができない

転職に失敗する人は自己分析ができていない

転職でのいちばんの失敗は入社してすぐに退職したくなることです。
自己分析がしっかりできていないと、満足いかない転職の可能性が高まります。

自己分析ができていないと直感だけで自分の将来を決めてしまいます。
目先の利益を優先して、そのあとの仕事について考えられていません。

重要なそのあとの未来が描けなくなることは自分の人生を捨てることと同じです。

とりあえず転職した人が思うこと

本当にこの会社で良かったのか悩んでしまう

転職がゴールと思い、入社後に現実を目の当たりにする

自分の強みや持ち味を活かせず、入社してすぐに転職活動をはじめる

「環境を変えたい」「もっと成長したい」の思いから転職します。
とりあえず職に就きたいと思う人は「決まったからここでいいか」「給料や福利厚生で判断しよう」と深く追求しません。

内定が出た当初は安心した気持ちになります。
仕事がない、生活が不安などの悩みがなくなるからです。

悩みを解決するために転職するのに、また同じ問題が出てしまいます。

ここでは転職で失敗しない方法を確認していきましょう。

転職はスタートの意識を持つ

転職はスタートの意識を持つ
  • 何がやりたいのか
  • 選んだ会社で何のスキルを得たいのか

目標を決めておくと入社後の行動や判断がしやすくなります。
目標を達成したらもっと経験を積むために転職することは問題ありません。

過去をふり返ったり経験を洗い出したりするだけでは逆効果です。

自己分析に納得して転職した人

自分の適性に会社があっているか、企業と確認しあった

最後まで理想の企業を追い求めた

自己分析で目標をたてて目的と手段を明確にした

集めた自分の経験を分析してはじめて自分が何をしたいのか、行動する方法がわかります。
自分の材料を集めただけでは何をしたいのかが見えてきません。

転職は自分の未来を切りひらくための手段です。
有効活用して、もっともっと自分を高めていきましょう。

深層心理がわからないと一貫性も見つからない

深層心理がわからないと一貫性も見つからない

一貫性が見つからないと自分をアピールしにくくなっています。
つぎはぎの経験では評価を得られないからです。

  • すぐに会社を辞めるのではないのか
  • 組織での活動ができない人ではないか
  • ほかの会社でいいと思える人ではないか

一貫性がなければ企業からの印象も悪くなってしまいます。
何をしたくて会社に入社するのかが企業目線でわかりません。

企業を選ぶときに軸がぶれてしまいます。

自分と企業の関係はWin-Winがベストです

自分中心では自分が何をしたいのか分からなくなることにもつながります。
この会社で働きたいが薄れてしまい、転職活動で意欲を表すことができません。

企業に利益をもたらす人が採用されます。
自分だけではなく企業のメリットを考えられる人は縁をつなげて納得のいく仕事ができます。

直感に頼りすぎず、まずは自己分析で自分を冷静に見つめてみましょう。

自分を好きになる自己分析の考え方

自分を好きになる自己分析の考え方

自己分析は自分に関心を持つきっかけになります。

好きの反対は無関心です。
自分に無関心な状態だと挑戦や行動をしなくなります。

  • スキルなんて磨かなくていい、成長しなくていい
  • 挑戦するより安定の方が大切
  • 転職のリスクなんて取りたくない

自分に無関心だと無気力になります。
いまが最善と考えてしまい、目標をたてられずに何もしようとしません。

「どうせ自分なんて」の思考だと、自分ののびしろを潰してしまいます。

自分に興味をもつと、自分のできる仕事を増やしたい、不満を解消したい発想に行きつきます。

自己分析で第三者視点から自分をみつめ、前向きなポイントをさがしてみると違った側面を発見できます。

  • 「自分には何もできない」ではなく、「自分はこれが苦手だからやらないようにしよう」
  • 「うまくいかない、納得する仕事がない」ではなく、「こちらの方法だとうまくいきそうだからやってみよう」

自分の魅力を知らないのは自分だけです。
何ができるのか、何を提供できるのか掘り下げて、自分の可能性を広げていきましょう。

自分のやりたいことが見つかる自己分析ツールはこちら

転職で失敗する人は「とりあえず内定が出たからこの会社にする」と考えてしまいます。

人生を豊かにするためにも、自分と相談して後悔しない選択を行いましょう。

あわせて読みたい

自己分析できない人の特徴を公開!実は自分が好きじゃない?解決方法あり

市場価値が低い人とは?転職に使える経験やスキルのアピール方法を解説

転職の悩みを減らす「自己分析×市場価値」

転職の悩みを減らす「自己分析×市場価値」

価値観と市場価値を組み合わせると、転職に対する悩みを減らせます。

転職で悩む人は自分の価値観と市場価値を知りません
企業のほしい人材と自分のやりたい仕事がマッチしていれば転職できるからです。

転職の悩みを減らすために、まず自己分析を行います。
経験や自分のスキル、何がしたいのかの価値観を洗い出します。

洗い出した自分が転職市場でどれほど通用するか、実際に転職活動を行って確認します。
確認することで市場価値が分かります。

組み合わせるメリット

自分と会社のギャップを減らせる

やりたい仕事を最優先に選べる

自分の課題から価値観を確立させられる

自己分析と市場価値の組み合わせのポイントを解説します。

ライフプランとキャリアプランをつくる

ライフプランとキャリアプランをつくる

ライフプランとキャリアプランは自己分析と市場価値に役立ちます。
自分の立ち位置をはっきりできるからです。

さらにワークタイムバランスを重視すると、仕事の優先順位を決められるようになります。
自分の課題や問題点に気づき、価値観を確立させられます。

ライフプランは「自分らしく生活する」ための計画表

ライフプランは「自分らしく生活する」ための計画表

自分らしく生活するために将来のなりたい姿を目標にしましょう。

目標から逆算して現在の立ち位置を確認します。
地図を見るように、おおまかな枠組みだけで問題ありません。

100%の完成度ではなく、自分の道すじが分かるプランを練っていきます。
ライフプランの達成のためにも、キャリアプランが要になります。

転職の目標はライフプランを達成し、キャリアプランで人生を充実させます。

キャリアプランは求められる人材になること

キャリアプランは求められる人材になること

人生の約1/4は仕事に使います。
働くことでお金を得る、得たお金で生活します。

自分が支払った分も誰かの生きる力です。
自分らしく生活するためにはキャリアプランが欠かせません。

自分のキャリアを追求して、専門性や一貫性を高めます。
キャリアができてくると、そのスキルを欲しがる企業が出てきます。

自分の価値観と一致していれば転職できます。
つまりキャリアプランをつくることで求められる人材になるのです。

追求には目標が必要です。
ゴールがなければ達成するための道筋をつくれません。

はじめにキャリアプランをつくれば転職の可能性を広げられます。

キャリアプランをつくるための最適解をさがしましょう。
自分をみつめて、はじめの一歩にできます。

仕事を目的にしない

仕事を目的にしない
  • 生活のお金のために仕事をする
  • やりたいことのために仕事をする
  • 自分のスキルを磨くために仕事をする

仕事はあくまで手段です。
目的は別に用意します。

自分らしく生活するために仕事は必要です。
価値のある人生にすることができます。

仕事は手段の意識を持つためにも、自己分析は有効です。

人生の1/4は仕事につかいます。

会社員の定年はどんどん繰り下がり、働く期間は伸びています。
人口減少から、働く年数が減ることはないでしょう。

仕事が好きなら一点集中でスキルを身につけます。

仕事で得たスキルを生活で活かせないのか、副業にできないのかを考えると人生をさらに豊かにすることができます。

1、3、10年後を考える

1、3、10年後を考える

短期の未来は描きやすく、長期の未来は描きにくいです。
明日は何をしようかなは考えやすいけど、10年後は何をしようかなは難しくなります。

そのため長期の未来を考えるために、短期の目標を決め、間隔を広げて長期の未来につなぐことがベストです。

1年後までに何をしていたいかを想像してみましょう。
1年後、3年後、と発想を広げると「10年後にはこのような自分になっていたい」が想像しやすくなります。

1年、3年、10年後にどのような結果が得られていればいいのか、ルートはどのようにするのかを決めます。

今日の自分は過去の自分がつくっています。

今日から行動すれば未来は変わります。
自分の価値観を確立させるため、自己分析をしていきましょう。

あわせて読みたい

転職と自分軸の関係とは?市場価値を高めるために必要な「自分軸の見つけ方」を伝授!

転職は自分の市場価値を確認する場

転職は自分の市場価値を確認する場

自分の強みを検証できる場が転職です。
市場価値を測って自己評価が正しいのかをさぐることができます。

転職の内定はゴールではありません。
スタートです。

人生を豊かにするために自分の理想を現実にするためは何がしたいのかを確認します。
自分の人生を明るい未来にするためにも、自己分析で価値観を築いていきましょう。

選考企業に「会いたい人材」と思ってもらう

選考企業に「会いたい人材」と思ってもらう

転職活動では書類選考から試験や面接に進みます。

選考では自分の実績やスキルとともに自己紹介を行う場です。
担当する相手は内定後に同じ会社で働く社員です。

「一緒に働きたい」と思われる自己分析の方法を解説します。

起承転結でストーリーづくり
起承転結でストーリーづくり
  • 自分をどう見せたいのか
  • 相手にどう見られたいのか

起承転結で自己分析をやってみましょう。

:自分がどのような人物で、取り組んでいる仕事はどのような内容か
:いまの仕事の役割、立ち位置、内容など
:仕事にやりがいを感じた成果、成功談・失敗談などのエピソード
:今度取り組みたい仕事、役割、企業像、チャレンジしたいことでまとめる志望動機と結びつける

過去、現在、未来はすべてつながっています。

過去の自分が選択した結果が現在です。
現在で選ぶ道の先が未来になります。

経験が一貫していればしているほどストーリー性をアピールできます。
一貫していないと感じる場合は一貫している部分をもっと掘り下げてつなげていきましょう。

相手目線を意識する
相手目線を意識する

自分主体の考えでは相手に圧迫感をあたえてしまいます。
自分目線では客観的な視点で自分を確認できません。

自分のやりたいことの押しつけになります。
企業とのつながりを意識しましょう。

Win-Winの関係であるからこそ、お互いが利益を得られます。

ポジティブな自分を演出する
ポジティブな自分を演出する

ネガティブをポジティブに変換することが大切です。

短所を正直に伝えると印象が悪くなります。
短所の後の課題の発見と改善が見えないからです。

「短所は分かっているけど、対策は何もしていません」

短所は紹介だけにとどめます。
紹介のあとはネガティブからポジティブにエピソードを変換します。

  • 短所をどのように自覚しているのか
  • 短所を改善するために何をしているのか
  • どうしたら短所を仕事に活かせるか

「会いたい」「一緒に仕事をしたい」と思ってもらえる人材を演出することが大切です。
課題を明確にし、行動しているをアピールしていきましょう。

あわせて読みたい

【市場価値とは?】3分でわかる転職活動を有利にするコツを徹底解説!

自己分析診断

自己分析診断

自己分析におすすめの診断方法をご紹介します。
ツールや個人情報の登録はいりません。

ペンと紙を用意してください。

なぜなぜ分析

株式会社トヨタで採用されていたなぜなぜ分析を自己分析に応用します。

問題や課題になぜを5回くり返す

  • なぜ課題になったのか、何が必要なのか
  • なぜ気づかなかったのか、何があれば気づけたのか

問題を特定し、解決策を導き出せます。

原因と結果をつながることが重要です。
転職をテーマにしてみます。

NG

転職できない

OK

自分の軸が定まっておらず、条件が合う企業にかたっぱしから募集してしまってお祈りされる

自分のやりたい仕事がわからず、今の環境が手放せなくて転職活動できない

転職の自己分析とは? Q&A

転職の自己分析とは?Q&A

仕事や日常生活を送っている以上、周りの人にはないスキルや経験を持っています。
自己分析で見つけられない場合は、周りの人に自分とはどんな人物なのか尋ねてみてください。

転職で自己分析のやり方 まとめ

転職で自己分析のやり方まとめ

いかがでしたか?
今回は転職で自己分析を活用する方法をご紹介しました。

この記事では自己分析が大切な理由、自分の可能性を広げるポイントが分かり、自分のやりたい仕事をさがせる転職ができるようになります。

この記事のおさらいをしましょう。

この記事でわかること

転職はなりたい自分になるための手段

過去を分析して現在の自分に足りない部分を元に将来を設計すると人生を豊かにできる

ネガティブ思考をポジティブ思考に変えれば自分の印象を良くできる

仕事や日常生活を送っている以上、平凡なスキルや経験しかないのはありえない

自分のやりたいことが見つかる自己分析ツールはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

みんみ

市場価値ドットコムブログの管理人のみんみと申します。就活を経て入社1年目は総務職、3年目から一般事務職(営業事務職)、現在はオペレーター兼ネットワークエンジニアで得意先に出向中です。 市場価値と自分軸を知り、事務職から専門技術職へ職種チェンジしました。 ストレスなく仕事に臨んで、毎日を楽しく過ごしています。

目標は【自信をなくした全世界の人にじぶんの魅力を気づいてもらう】ことです。

-自己分析
-