転職で企業研究が不足すると?転職が失敗する原因を詳しく解説

この記事では、

  • 企業研究が不足するとどうなる?
  • 転職したいけど、どうすればいいのか分からない
  • やりたい仕事ができる会社で働きたい!

このような疑問や悩みを解消する方法を解説しています。

転職活動で企業研究が不足すると、転職後に仕事を辞めたくなったり将来に不安を残したりと、後悔してしまいます。

企業研究が足りない状態とは、企業に何を求められているのか分かっていない状態です。

この記事を読んで企業が求める人材の調べ方を知り、自分の価値を最大限にアピールしていきましょう。

企業研究は業界研究×自己分析×企業研究の流れで行います。

業界研究と自己分析を先に行えば情報をつかい回せるので時間を節約できます。

時間がない人にもおすすめの企業研究方法を紹介しています。

インターネットや第三者視点の転職エージェントを活用して時間やお金の負担を減らしていきましょう。

「不足しない企業研究のやり方」をすぐに知りたい方へ

「何を求められているのか分かっていない」企業研究が不足している人にありがちな失敗3選

転職後に後悔しているのは3人に2人です。ほとんどの人が「失敗した」と感じています。

失敗した原因の第3位が企業研究です。企業研究が足りない人は自分に何を求められているのかが分かっていません。

企業のニーズが分からないとミスマッチングを引き起こしてしまいます。

転職の結果に不満足の人がこれから転職する人へ伝えたいこと
引用:doda(パーソルキャリア株式会社) はじめて転職してみてどうだった?~転職活動の実態調査

ここでは企業研究が足りていない人の特徴を解説します。問題点をなくしてしまえばマイナスを0にできます。

失敗したケースをみて、同じ道に進まないよう注意していきましょう。

失敗1:会社の基本的な情報が抜けている

会社の状況や主力商品を知らない

転職希望者で、会社の情報を知らない人が多くなっています。

自分が将来働くかもしれない会社の情報は頭に入れておきましょう。特に問題なのは次の2つです。

会社の状況を知らない

基本的な会社の情報が抜けていると具体性に欠けて熱意を伝えられません。

まずは会社の状況を知ることから始めましょう。

  • 会社は何の事業でお金を稼いでいるのか
  • どうして求人を募集しているのか
  • どのような人材が欲しいのか
  • 会社がどの業界にいるのか
  • 今どの事業に力を入れているのか

基本的な情報を知らないと悪い印象を与えてしまいます。会社の状態や状況は調べておきましょう。

会社の取扱い商品やサービスを語れない

これから働くつもりなのに、会社の商品やサービスを知らないのは問題です。

入社したら取り扱うことになります。先に確認しておきましょう。

  • 会社は何の事業でお金を稼いでいるのか
  • 主力商品やサービスは何なのか
  • どうやって利益を得ているのか

失敗2:企業の欲しい人材がどのような人なのか分かっていない

会社のニーズを知ろう

企業のニーズが分かっていないと転職はうまくいきません。企業は今の社内で足りないスキルを埋められる人材が欲しいからです。

どうして募集しているのか?を考えてみましょう。

  • 求人を募集する意図
  • 企業のニーズ、欲しい人材の条件
  • 人材に必要なスキル、経験

どうして必要なのか、今の社員で補えないのかも追求していきましょう。

失敗3:自分ことばかり一方的にアピールする

会話のキャッチボールができない人と働きたくない

採用担当者も会社で働く社員も、言葉のキャッチボールができない人とは働きたくないと思っています。

自分を一方的にアピールする人は、求められている人材と自分がかけ離れているのを伝えているだけです。いらない情報を共有されても困ります。

相手のニーズを読み取り、企業はどのような人材を求めているのか、自分なら何を提供できるのかを追求していきましょう。

企業研究が不足している人は3つの失敗をしてしまいます。

企業に何を求められているのかを調べ、自分の価値を提供できないか考えてみましょう。

あわせて読みたい

【企業研究がめんどくさい人必見】転職の悩みを減らす企業研究3選

次は企業研究が不足している人と十分な人の違いをみていきます。

企業研究が足りないなと感じた人は十分な人を真似して、自分の転職活動に取り入れていきましょう。

企業研究が十分な人と不足する人の違いは「自分の魅力を知っているかどうか」

企業研究が不足する人は失敗しがち

企業研究が十分な人は自分の魅力に気づいています。自己分析を行って、どこをアピールすれば企業が興味を持つのかを分かっているからです。

ここでは企業研究が不足する原因を掘り下げます。

不足していると感じる人は成功している人のやり方を真似して、どんどんスキルを吸収していきましょう。

企業研究が不足する原因は自分の価値観だけを信じていること

自分だけを信じていませんか?

企業研究が不足する原因は自分の価値観だけを信じていることです。

自分は求められている人材と思い込んでしまったり、あたかも知識を持っているように振る舞ったりしていませんか?

自分の視点だけを重視していると相手のニーズに答えられない落とし穴にはまります。

企業視点や第三者の視点を取り入れて、自分の価値観を軸に視野を広げていきましょう。

【自分に必要な情報は何かを知っている】成功している人がやっていること

成功する人は自己分析が十分足りている

企業研究が成功している人は採用される人です。

何を求められているのかが分かっているので、企業の目的に合うよう自分をアピールしています。

  • 企業研究で企業が求める人材を調べ、何をアピールしたらいいのか分かっている
  • 自己分析で自分の魅力を知りつくしている
  • 情報をあつめるために転職エージェントを活用している

企業研究や業界研究などの情報収集を徹底的に行う人は年収が高くなるデータが出ています。

企業研究は情報収集が命!データで見る「情報収集した人の年収が高くなる理由」

情報収集が転職活動のカギです。

自分の魅力を調べ、会社や業界の状態を知り、ニーズに合うアピールで自分のやりたい仕事ができる企業に転職しましょう。

企業研究が不足する人は自分の価値観だけを信じています。企業のニーズを知らずに転職活動をするのでうまくいきません。

企業研究が十分な人は自分に必要な情報は何かを知って、情報収集を徹底的に行っています。

情報収集が命です。企業研究が十分な人のやり方を真似して、働きたい会社に転職していきましょう。

時短できる企業研究の方法を知りたい方はこちら

転職で企業研究しないのはもったいない!時間が節約できる企業研究方法を伝授

企業研究が十分な人のやり方が分かったら、次は失敗を回避する方法をみていきましょう。

第三者の視点を取り入れれば、自分の価値観を軸に、縦にも横にも広い視野が手に入ります。

【第三者を巻きこむ】転職の失敗を回避するための企業研究

第三者を巻きこんで転職活動する

ここまでの内容で、「転職の成功には企業研究が欠かせない」と分かっていただけたと思います。

ここでは不足を回避するための企業研究を解説し、具体的な実践方法を紹介します。

実際に試して、成功に近づいていきましょう。

SNSやインターネットを活用して第三者を巻きこむ

日常で第三者視点をもつ

ほかの転職希望者より業界や企業の情報を多く手に入れることが転職への近道です。

企業研究が十分な人は第三者の意見を積極的に取り入れています。自分だけでは情報が足りなくなりがちな企業研究を、より深く分析できるからです。

どうすれば第三者の意見を探すことができるのか?詳しくみていきましょう。

ポイント1:雑談から経済ニュースまで、日常にある情報を集める

自分の視点だけだと一方的な考えになりやすいです。第三者の視点を取り入れましょう。

家族や友人だけでなく、会社の先輩や上司も対象です。経済ニュースから話題を提供すると自然な流れの会話になります。

転職を悟られたくない場合にも利用できるので積極的に情報を集めていきましょう。

ポイント2:SNSやインターネット検索で企業研究不足を補う

気軽に話せる相手がいない場合はインターネットの活用がおすすめです。

企業が公式サイトで提供する情報のほかにも、経営者がコラムを提供していたり新しい事業のインタビューを受けていたりと情報がめじろ押しです。

SNSでは働いている人の何気ないつぶやきや採用者側からの意見が転がっています。

「企業名 ニュースタイトル」や「企業名 ポジティブ(ネガティブ)の単語」で検索すると最新の情報を収集できます。

足りている人がやっているおすすめの企業研究法2選

企業研究はたった2つだけでOK!

企業研究が足りている人の企業研究を解説します。失敗を回避するためには成功している人の真似が近道です。

実際に試して、得た情報を活かしていきましょう。

1.業界研究×自己分析×企業研究

企業研究は企業を調べたら終わり、ではありません。

企業を取りまく環境を調べたり、自分と企業がマッチングするかを確認したりして分析する必要があります。

つまり企業研究では業界研究と自己分析を同時にやります。

まとめて行えば、同じ業界の会社を調べる手間も自己分析する手間も減らせてお得ですよ。

ステップ1:業界研究

気になる会社の業界を調べる

>起業したばかりの導入期

ビジネスが波に乗っている成長期

メインの事業で安定した利益を定期的に出せる安定期

事業が縮小してビジネスが苦しくなっている衰退期

業界の中のどの位置にいる会社か調べる

業界研究では業界の状態と企業の立ち位置を確認します。自分が調べたい会社がどの位置にいるのか確認してみましょう。

ポイントは衰退期の企業をはずすことです。

衰退期の会社は存続が最重要課題のため、社員のスキルアップは二の次になります。選ばないようにしましょう。

ステップ2:自己分析
自己分析のやり方は目的、過去、共通点

自己分析は自分の魅力がどこにあるのかを調べるツールです。次の順番でやってみます。

  1. 【目的を探す】何のために自己分析にするのか
  2. 【過去を振り返る】思い出せるエピソードがないか
  3. 目的と過去の共通点をつなげる

自己分析は自分の過去を振り返るツールです。過去に自分の魅力が何なのかの答えが眠っています。

自己分析で自分の過去を掘り下げ、魅力を探していきましょう。

自己分析をもっと詳しく知りたい方はこちら

【たった3ステップ】自己分析のやり方を解説!転職や就活で活用できるツールを紹介

ステップ3:企業研究
企業と自分の価値観がマッチングするか

業界研究、自己分析とつなげたら、最後に企業研究です。

働きたい企業で自分の持ち味をどのように活かすかを追求します。

次の3つを考えてみてください。納得できそうな会社が自分にマッチングする企業です。

企業と自分のマッチングを確認

調べた業界や企業に働きがいはあるのか

その会社に自分の貴重な時間をつかっていいのか

将来のキャリアが積み重なる姿を想像できるか

もっと時間を節約できる企業研究を知りたい人は、下の記事も読んでみてくださいね。

時間がない!もっとサクッと終わる企業研究の方法が知りたい方はこちら

【企業研究がめんどくさい人必見】転職の悩みを減らす企業研究3選

2.第三者のアドバイスは転職エージェントからもらう

気軽に転職を話せる人がいない、会社の人に転職を知られたくないときの企業研究はどうしたらいいですか?

そんなときは転職エージェントにお願いするといいですよ。キャリアコンサルタントが書類の書き方や面接の指導まで、すみずみ行ってくれます。

せっかく転職活動をするんだから、誰にも知られずに情報収集したいですよね。そんなときは転職エージェントを活用しましょう。

自分の悩みや不安から次の職種選びのアドバイスをもらえることもあります。

「自分が何をしたいのか」を転職エージェントに伝えて、転職活動に協力してもらいましょう。

おすすめの転職エージェントはこちら

転職の失敗を回避する企業研究は「第三者を巻きこむ」ことです。自分の視点だけだと一方的になりがちな状況を減らせます。

企業研究が足りている人は次の2つをしっかりと実践しています。

  1. 業界研究×自己分析×企業研究
  2. 第三者のアドバイスは転職エージェントからもらう

足りている人の企業研究を取り入れて、自分の転職活動を成功に導いていきましょう。

企業研究のやり方が分かったら次は第三者視点にかかせない転職エージェントの選び方を解説します。

自分に合う転職エージェントをみつけて、つかう時間を節約していきましょう。

自分に合う転職エージェントの選び方

ここでは自分に合う転職エージェントの選び方を解説します。

複数に登録すれば第三者目線から情報収集ができるうえに、業務経歴書や面接の練習などに協力してもらえます。

有効活用して、自分の納得できる転職先を探していきましょう。

転職エージェントは複数登録してOK

転職エージェントは複数の登録ができます。

複数の登録をおすすめするのは取り扱い求人に差があったり、どの転職エージェントで企業に応募したのか分からなくなったりします。

あとで転職エージェントのランキングを紹介するので、3社とも登録してしまいましょう。

「雑談中でも情報を提供してくれる」いい転職エージェントの見極め方

いい転職エージェントはいつでも情報を提供してくれる

実は担当者によっては自分に合う求人を紹介してくれない転職エージェントにあたることがあります。

ここでは優良な転職エージェントの担当者を解説します。

もし合わない人が担当になったら変わってもらうよう企業の窓口で相談してみましょう。

雑談中でも情報を提供してくれる

いい転職エージェントは雑談中でも情報を提供してくれます。どのような場面でも情報提供を惜しみません。

悩みや不安を相談しているときに事例を紹介したり、気になるところを見つけたらすぐ調べたり、行動力に優れています。

おすすめできない転職エージェントに当たったときは、どうすればいいですか?

担当者が自分に合わないときは相談窓口に問い合わせましょう。担当者を変えてくれたり対応を自分に合わせてくれたりと、話しを聞いてくれますよ。

逆におすすめできない転職エージェントは自分の売り上げばかりを気にするコンサルタントです。

「このような経験があるので活かせる仕事がしたい」と具体的に伝えても沿わない求人を紹介してしまいます。

転職を安易にすすめない

転職エージェントは転職希望者が内定をとって転職することで売り上げがあがります。

「やめた方がいい」とデメリットを伝える転職エージェントは、自分の売り上げを犠牲にして止めてくれているのです。

「今の会社が合っている」「今は転職しない方がいい」とはっきり伝えてくれるエージェントは優良です。

自分のために行動してくれる人は信頼できますね。

もし転職をすすめられなかったときは、情報の提供を依頼してみましょう。

転職をすすめられなかったときは情報収集をしっかり行う

いまの会社が自分にマッチングしている場合、転職をすすめられないことがあります。

転職をすすめられなくても情報収集はできます。転職市場の状態を聞いて、自分がどうしたいか考えてみましょう。

  • 転職市場の状況(どのような人が求められているのか)
  • やりたい仕事に必要なスキル、経験
  • 今の自分ができる「やっておいた方がいいこと」

転職市場は流動的だから、今「は」求人がないってこともあるんですね

自分の要望にそった会社を紹介してくれる

転職エージェントに登録したら、担当者(キャリアコンサルタント)と転職の希望についてやり取りします。

自分のやりたい仕事や今までの経験から、見合う求人を紹介してくれます。しっかりと自分の要望を伝えて、満足のいく転職活動を行っていきましょう。

ただし中には要注意なキャリアコンサルタントもいます。

要注意な転職エージェントの担当者はこんな人

おすすめできない担当者は「売上重視で希望している求人を紹介しない」人です。

  • 転職を急がせる
  • 希望していない職種を紹介する
  • おすすめの会社を猛アピールする(会社のいいところしか伝えない)

どれか1つでも要注意です。3つすべてに当てはまったら問い合わせ窓口から担当者を変えてもらうよう依頼しましょう。

転職エージェントに自分のやりたいことを伝えられるかがカギ

自分は何がしたくて転職するのかを転職エージェントにしっかり伝える必要があります。

自分のやりたいことが叶う情報を提供してもらわないといけません。伝わっていないとお互いが不幸になってしまいます。

自分のやりたいことが分からない人は今のうちに自己分析をしておきましょう。下の記事で紹介しているツールを活用してみてください。

あわせて読みたい

【おすすめの転職ツールとは?】自分に合う選び方や失敗しない方法を解説

転職エージェントが多くて、どこに登録したらいいのか分かりません。

おすすめの転職エージェントを厳選して、ランキング形式で紹介しますね。参考にしてみてください。

おすすめの転職エージェントランキング

1位JAC、2位doda,3位マイナビエージェント

ここでは企業研究の不足を防いでくれる転職エージェントを紹介します。

どのエージェントも実績があるので、自分に合いそうな会社を選んでくださいね。

  1. JACリクルートメント
  2. doda(デューダ)
  3. マイナビエージェント

1位 JACリクルートメント

外資系IT企業に強い!管理職や専門職転職ならJAC Recruitment(JACリクルートメント)

JAC recruitment
実績コンサルタント数友人に勧めたい人
年間約6.7万人約1,200人94.7%
得意業界25歳以上詳細
外資、IT
二重丸
詳細はコチラ
  • 厳選された求人を専門エージェントが紹介
  • 海外10ヵ国のネットワークをもつロンドン発祥の日系転職エージェント
  • 過去の採用や不採用の人材要件を確認できる

2位 doda(デューダ)

転職なら求人情報数業界最大級!doda(デューダ)

DODA
求人数拠点数転職イベント
約14万件
※2021年11月現在
全国12ヵ所常時20件以上開催
得意業界20代前半以上詳細
不動産、メーカー
二重丸
詳細はコチラ
  • エージェントサービスあり!登録すればキャリアカウンセリングで的確な求人を紹介
  • CAREER POCKETなど、転職後のアフターサービスが充実!
  • 転職に不安な方に向けた匿名投稿サービスJobQなどユーザー同士の交流あり

3位 マイナビエージェント

経験やスキルの棚卸し、⾃⼰分析をサポート!マイナビエージェント

マイナビエージェント
求人数拠点数転職後のアフターフォロー
6万件以上
※2021年11月現在
全国10ヵ所
二重丸
得意業界20代前半以上詳細
メーカー、IT
二重丸
詳細はコチラ
  • 全国に拠点があるので地元求人や面接サポートOK
  • 書類審査や面接後のフィードバックあり
  • 企業担当アドバイザー(人事担当者とやりとりするアドバイザー)との情報交換も可能

転職ツールをさらに詳しく知りたい方はこちら

【おすすめの転職ツールとは?】自分に合う選び方や失敗しない方法を解説

【第三者視点からの情報は必須】転職エージェントの活用方法

情報の取りこぼしを防ぐためには転職エージェントをつかおう

転職でエージェントに登録する理由は情報の取りこぼしを防ぐためです。

転職活動は情報戦です。多くの情報を手に入れることが内定の第一歩となります。

うまく転職エージェントを活用して企業研究を深めていきましょう。

転職エージェントの使い方

キャリアコンサルタントに自分のやりたい仕事を伝えよう

転職エージェントに登録すると担当者がつきます。担当者と面談して自分の志望動機や次に働きたい会社を決めていきます。

第三者の視点を取り入れるためにも、まずは伝えるべき自分の情報をまとめなければいけません。

自分が伝えたスキルや経験によって、転職エージェントは求人を紹介します。自己分析ができていないと的確なアドバイスができません。

自己分析で自分のやりたい仕事や働きたい会社の条件の確認、キャリアの棚卸しを済ませてしまいましょう。

もちろん転職エージェントに相談しながら行うこともできます。

自分のステップに合わせてうまく転職エージェントを利用します。

自己分析をやってみたい方はこちら

【たった3ステップ】自己分析のやり方を解説!転職や就活で活用できるツールを紹介

転職エージェントの登録方法

JACリクルートメントの登録方法

転職エージェントの登録は簡単です。メールアドレスを登録し、必要な情報を入力していきましょう。

JACリクルートメントの登録方法を解説します。

  1. JACリクルートメントの公式サイトにアクセスし、メールアドレスを入力して新規登録へのボタンを選びます
    メールアドレスを入力して新規登録へを選択
  2. 届いたメールのURLを選択します
    メールのURLを選択
  3. 氏名や生年月日などの基本的な情報を入力して、職務経歴入力へ進むを選びます
    基本情報を登録
  4. 住所と学歴を入力します
    住所と学歴を入力
  5. 転職回数など、現職の情報を入力します
    現職について入力します
  6. アピールポイントや資格、スキルを入力します
    現職を入力
  7. 希望勤務地とその他を入力します。全国どこでもいいときは「全国」を選んでください
    希望勤務地とその他を入力

    希望勤務地の全国を選ぶ
  8. 入力が完了したら、確認画面を選択を選びます
    入力が終わったら確認画面へを選択
  9. 確認画面が表示されます。問題がなければ無料転職サポートに登録するを選択します。
    無料転職サポートに登録する
  10. 以上で登録は完了です。お疲れさまでした。

ほかの転職ツールを詳しく知りたい方はこちら

【おすすめの転職ツールとは?】自分に合う選び方や失敗しない方法を解説

転職で企業研究が不足すると?Q&A

企業研究について質問したい!

企業研究ノートや企業研究シートをつくりましょう!

企業研究ノートは手帳やノートを、企業研究シートはワードやエクセルを利用します。

  • 会社の基礎的な情報:会社名、所在地、代表者名、従業員数、主な事業項目、取引先など
  • 業界の状態:産業情報ガイドやニュースを読んで集めた情報
  • 企業の状態:IR BANKで売上、営業利益、営業活動によるCF(キャッシュフロー)を確認

詳しく企業研究シートを知りたい人は下記の記事を読んでみてください。

【転職の企業研究シートを無料配布中】企業研究のやり方を徹底解説

転職の企業研究を不足させないためには「企業研究が十分で転職に成功した人」を真似しよう!

企業研究は成功した人の真似をする

企業研究が足りないせいで内定が取れない人が多くなっています。「成功している人の企業研究を真似する」だけでも効果があります。

転職活動は自分の人生を豊かに広げる作業です。自分の将来のためにも、しっかりと企業研究を行って納得の行く転職活動にしていきましょう。

最後に記事のおさらいです。

この記事を読んで、少しでも不安を減らしてもらえたら嬉しいです。気になるところは読み返してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

みんみ

市場価値ドットコムブログの管理人のみんみと申します。就活を経て入社1年目は総務職、3年目から一般事務職(営業事務職)、現在はオペレーター兼ネットワークエンジニアで得意先に出向中です。 市場価値と自分軸を知り、事務職から専門技術職へ職種チェンジしました。 ストレスなく仕事に臨んで、毎日を楽しく過ごしています。

目標は【自信をなくした全世界の人にじぶんの魅力を気づいてもらう】ことです。

-業界研究・企業研究
-