資質能力とは?転職に必要な「じぶんオリジナルブランド」をつくる

資質と能力の違いって何?

資質の使い方がわからないなぁ。

どうやったら資質を向上させられるの?

こんな疑問をお持ちではありませんか?

この記事では、資質とは何か、使い方や素質との違いがわかり、自分軸を確立した状態で転職活動ができるようになります。

自分軸を持つと自信がつき、自分の魅力が分かるようになります。応募する企業にアピールしやすくなるからです。

じぶんの資質を見つける方法や転職に活かせる資質を向上する方法、転職の道筋を解説します。

資質能力とは?

資質能力とは?

資質能力とは生まれ持った才能です。

「無意識で発揮できる力」「性格や価値観、持ち味をかけ合わせたもの」の2つを解説します。

無意識で発揮できる力

資質は潜在能力です。
得意なことや生まれ持ったスキルは意識せずに使うことができます。

ストレスを溜めずに行動や活動できるので、周りの人に言われて気づくことが多いです。

「これが得意だよね」

「簡単にできるなんてすごい」

自分ではそうかな?と思うことが、周りにとっては難しいことが多いです。

苦手なことでは相当な努力が必要で、負担をかけないとできません。

本来の自分の才能と真逆のことをしようとしているので、存分に力を発揮できないからです。

「継続してもうまくできない」

「こんなに努力しているのに、成果が出ない」

うまくいかない、納得できないときは自分の資質と合わない行動をしています。

行動を続けていてもストレスを抱えてしまうだけです。
一度立ち止まって自分と向き合い、方向転換した方がいいのか考えてみましょう。

性格や価値観、持ち味をかけ合わせたもの

資質といってもピンとこない、そんな方は多いと思います。

資質は性格や価値観、持ち味をかけ合わせたものです。
自分の内側にある眠った能力なので、自己分析で表に出す必要があります。

性格

じぶんの思うじぶんの性格と、周りの人が知っているじぶんの性格は違うことがほとんどです。

じぶんでは憧れや目標が混ざったじぶん像ができあがりますが、周りの人は冷静に客観的な視点で性格を見ています。

じぶんの想像するじぶんの性格と、周りの人のイメージするじぶんの性格を比べてみましょう。

想像する性格じぶん周りの人
活動性慎重活発
社交性人見知り誰とでも仲良くできる
協調性一匹狼サブリーダーとして行動できる

価値観

じぶんのやりたいこと、得意なことは何か知っていますか?

価値観は「じぶんの人生観」と言われ、じぶんの判断基準です。

じぶんの中で価値観の軸をもっていないと、やりたいことが何かわからなかったり、毎日モヤモヤした気持ちで仕事をしたりと軸がブレてしまいます。

一貫性のない行動は評価されにくく、転職でも「何を目的に働いているのかわからない人だ」と思われてしまいます。

価値観をはっきりさせるためには自分軸に注目しましょう。
軸を持つことで行動がブレにくくなります。

あわせて読みたい

転職と自分軸の関係とは?市場価値を高めるために必要な「自分軸の見つけ方」を伝授!

転職の一貫性とは?経験なしでも転職できる「一貫性を持たせる」方法

持ち味

持ち味とはじぶんにしかない強みのスキルです。
差別化できる要素で「じぶんオリジナルのブランド」と呼ぶことができます。

持ち味を知らないと、じぶんの魅力をアピールできません。

じぶんが得意なこと、やりたいこと、もっているスキルは何か、じぶんと向き合って考えてみましょう。

あわせて読みたい

【自分の強みとは?】苦手と弱みを克服できないワケと強みを知る方法

【市場価値とは?】3分でわかる転職活動を有利にするコツを徹底解説!

資質能力とは生まれもった才能です。
資質を知ることでじぶんの活動の範囲をグッと広げることができます。

じぶんと向き合って軸をもち、転職活動に活かしましょう。

資質と素質の違い

資質と素質の違い

資質と素質は同じ意味として使われることがあります。

素質は土台、資質は才能です。
どのような違いがあるのか注目して読んでみてください。

素質=土台、基礎

素質はじぶんの土台となる基本的なスキルのことです。

文章を書く力、母国語を話す力、文字を読む力など、日常でつかうことができます。
仕事での基礎的な技能もじぶんがもつ素質です。

ポータブルスキルと言われ、どの仕事でも環境でも「持ち運べるスキル」として使うことができます。

資質=才能

資質は生まれ持った才能で無意識に使うことのできるスキルです。

会話で人を楽しませる才能、文章で読んだ人を感動させる才能、わかりやすい言葉を選んで文章を書く才能などを指します。

得意で無意識に力を発揮することができます

資質はじぶんでは気づけません。
周りの人から褒められたり感謝されたりと、意見を聞くことで見つけることができます。

素質は土台の基礎的なスキル、資質は生まれ持った才能です。

有効活用して転職に活かしましょう。

資質を身につける

資質を身につける

資質は生まれもった才能です。

身についている資質を掘り下げる必要があります。

幼少期にハマり込んだことや、継続してできることを思い出してみましょう。

10代や20代で「やってみたらすぐにできたこと」

10代や20代は資質を見つけやすい年齢です。後から身につけたスキルよりも生まれ持ったスキルを発揮しやすいためです。

習い事や勉強で、うまくいったりじぶんで納得する出来になったりしたことはありませんか。

先生に褒められたことも資質の一つです。

振り返ってみて、どのようなことが当てはまるか書き出してみてください。
じぶんの資質があふれていることに気づくはずです。

意識せずに発揮できるスキル

時間をかけずにできることを書き出してみてください。

頭の中で整理できるスキル、流れを想像できるスキル、書類の誤字脱字を見つけるスキルなど、すべて資質になります。

無意識のうちにササッと済ませてしまえる能力こそ才能です。
じぶんの日常を見つめて、じぶんの才能を引き出してみましょう。

じぶんを分析しても気づかない

「探してもじぶんの才能がわからない」

「毎日の中で簡単にできていることがない」

じぶんを分析しても資質が思い当たらないのは、じぶんの魅力に気づけていないからです。

周りの人にじぶんはどんな人物か、何を得意にしているのか聞いてみましょう。

じぶんでは才能がないと悩んでいることも、周りの人からは「どうして気づいていないの?」「すごいことができるのに」と思われています。

他己分析はじぶんを知るきっかけの一つです。
客観的な意見を取り入れて、じぶんをさらに分析してみましょう。

ストレングスファインダー診断や周りの人の評価で判断する

ストレングスファインダー診断や周りの人の評価で判断する

ストレングスファインダー診断や周りの人の評価で客観的な視点をもつことが大切です。

ストレングスファインダー診断では1~34つの資質をじぶんの個性に合わせて順位づけしてくれます。

資質は無意識に発揮できる力なので、上位5つがわかれば問題ありません。本の付録のコードを利用して、診断を受けてみてください。

資質はじぶんの中にあるものです。

じぶんを自己分析して、魅力を探してみましょう。

資質の向上

資質の向上

資質の向上に最も有効なのは「じぶんの市場価値を測ること」です。

市場価値を知ることで資質をどのように活かせるのか、じぶんのやりたいことは何かを冷静に見ることができます。

市場価値を測っていないと、今の仕事がじぶんに向いている、じぶんにマッチする企業はほかにあるかもしれない、と考えられません。

「やりたくない仕事」「じぶんの資質に合わない仕事」をしていると、ストレスを溜めるだけではなく、じぶんの貴重な時間を無駄に浪費することになります。

じぶんのやりたいことを実現させ、将来を充実して過ごすためにも、資質を向上させていきましょう。

じぶんの資質を向上させるためには「市場価値を知る、測る」ことが大切です。

詳しくは【市場価値の測り方とは?】の記事を読んでみてください。

あわせて読みたい

転職で必須な市場価値の測り方とは?企業のほしい人材にじぶんの強みがマッチする方法

資質の使い方

資質の使い方

資質をうまく使うことで転職活動を有利にすることができます。

じぶんの得意なことや、やりたいことができる仕事を見つけやすくなり、企業の求める人材に合わせたアピールができるからです。

資質(=経験やスキル)をどのようにアピールしたらいいかを解説します。

じぶんにはどのような資質があるのか見つめ直す

じぶんの資質を深堀りして見つめ直すと、どこで、どのようにつかえばいいのかが見えてきます。

会話で人を楽しませる才能をもっていると気づいたら、興味のある分野の専門知識を身につけることがオススメです。
SNSで専門家として発信したり、講師として教鞭をとったりすることができます。

転職でのアピールポイントとなり、企業が求める人材に合っていれば、選考をうまく進めることも可能です。

じぶんの資質を深堀りして、じぶんにしかない「じぶんオリジナルのブランド」を確立させていきましょう。

市場価値を高めるために必要な資質は何か考える

市場価値とは企業が求める人材のニーズとじぶんがどれだけマッチさせることができるか測るための要素です。

たくさんあるじぶんの資質のうち、市場価値を高める資質を選び出してさらに伸ばすことが大切になります。

日本は今後さらに少子高齢化が進み、労働力不足の影響で、労働者の期間が長くなるといわれています。

公的年金の受給は75歳を上限に引き伸ばされようとして、定年制度の60歳は時代に合わなくなり、働く期間が長くなるからです。

一つの会社で長く働くよりも、転職して複数の会社と関わりをもつことが増えてきます。

転職が身近となるので、ほかの応募者よりも一歩早く市場価値を見極めることが重要です。

市場価値を高めるために必要な資質を探し、転職に活かしていきましょう。

転職活動でじぶんの魅力をアピールするために資質は必須の要素です。

市場価値を高めていきましょう。

あわせて読みたい

【転職に有利】市場価値の高め方は?じぶんオリジナルのブランドで自己分析

Q&A

資質能力とは?Q&A

資質は生まれ持った才能なのです。今のじぶんに秘められている能力を深めましょう。

【詳しくは、記事内の「資質を身につける」をチェック!】

資質を向上させるためには実際に転職活動をして市場価値を測るといいです。

【詳しくは、記事内の「資質の向上」をチェック!】

資質能力とは? まとめ

資質能力とは?まとめ

上記で紹介した「資質能力とは何か?」を読めば、転職に役立つ資質の使い方、向上方法がわかります。

今回の内容のポイントは次のとおりです。

資質のまとめ

資質は潜在能力、才能

素質は基礎のスキル、土台となる能力

資質を身につけるためには過去を振り返ったり、ストレングスファインダー診断を受けたりする

資質を向上させたいときは「じぶんの市場価値を測る」

じぶんの資質を知ることで魅力を深堀りでき、じぶんをオリジナルのブランドにできます。

転職活動に有効活用してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

みんみ

市場価値ドットコムブログの管理人のみんみと申します。就活を経て入社1年目は総務職、3年目から一般事務職(営業事務職)、現在はオペレーター兼ネットワークエンジニアで得意先に出向中です。 市場価値と自分軸を知り、事務職から専門技術職へ職種チェンジしました。 ストレスなく仕事に臨んで、毎日を楽しく過ごしています。

目標は【自信をなくした全世界の人にじぶんの魅力を気づいてもらう】ことです。

-自分軸
-