【企業研究がわからない】仕事とプライベートが両立する会社の選び方3選

  • 企業研究をやる意味がわからない
  • どこまでやればいいのかわからない
  • 企業研究の進め方がわからない

企業研究がわからなくて、何もできない今の状況に悩んでいませんか?

この記事では仕事とプライベートを両立できる仕事の探し方を解説します。

企業研究で自分のやりたい仕事と会社の求める人材がマッチングするか確認できます

実は企業研究ができると、自分に合う会社かどうかを選考できます。

仕事や会社の条件が明確になるからです。

その自分に合う会社がみつかる企業研究は、3つのステップで簡単に進められます。

  1. 働きたい業界をみつける
  2. 自分の魅力を掘り下げる
  3. 自分のスキルを活かせる会社を探す

企業研究は自分と会社をマッチングさせて行います。

わからない状況から抜け出して、仕事とプライベートを充実させていきましょう。

わからない状況から脱出できる企業研究がすぐ知りたい!

【企業研究の意味を知る】企業研究がわからない状況から抜け出すためには

企業研究の意味がわかればどうこうどう行動すればいいか判断できる

企業研究がわからなくなっているのはどうして企業研究するのかの意味を知らないからです。

まずは企業研究で何をするのかをみていきましょう。

意味がわかれば、どのように企業研究すればいいのか道筋が分かります。

企業研究をする意味は「自分に合う会社を探すため」

自分に合う会社を企業研究で探す

企業研究とは会社に応募する前に自分と会社をマッチングさせる作業です。

選考を進める前に自分のやりたい仕事や持っているスキルと経験が活かせる会社なのかを調べます

企業研究が不足すると確認せずに応募してしまうので、「うちには合いません」とお祈りされてしまいます。

ミスマッチングを減らすためにも、企業に応募する前に企業研究を済ませてしまいましょう。

自分のために、自分に合う会社を探そう

自分のために企業研究する

企業研究は自分のために行います。

自分の貴重な時間やお金をムダに減らさないためです。

就活や転職活動では通信費や交通費など、多くの時間とお金がかかります

少しでも有効活用するためにも、企業研究を積極的に行っていきましょう。

自分に合う会社を探したい方はこちら

転職に有利な企業研究とは?大企業にも中小企業にも有効なやり方を徹底解説!

企業研究は自分の将来のために行います。自分とマッチングする会社を探して、仕事もプライベートも充実させていきましょう。

仕事とプライベートを両立させる企業研究3つの方法

企業研究は3ステップで簡単
  1. 働きたい業界をみつける
  2. 自分の魅力を掘り下げる
  3. 自分のスキルを活かせる会社を探す

手順1 働きたい業界をみつける

働きたい業界ってどこ?

まずは業界に目星をつけていきます。

手当たりしだいに情報を集めると時間の無駄になります。無駄に気づくのが最後のマッチング段階だからです。

自分の興味のある業界をしぼってみましょう。

興味のある業界を探す

自分のスキルや経験を活かして、いまの会社と同じ業界にするか別の業界にするかを決めます。

まったく別の業界にする場合は転職サイトや転職エージェントの求人を見て、業界を探していきましょう。

【おすすめの転職ツールとは?】自分に合う選び方や失敗しない方法を解説

おすすめの転職ツールにまとめたので、転職サイトや転職エージェントに登録してみてください。

【どのような人と一緒に働きたいか?】未経験の業界で働きたいときの考え方

未経験の業界で働きたいときは次の2つを考えてみましょう。

未経験でも転職のチャンスはある

「自分が採用担当者なら、どのような未経験の人と働きたいか?」

「自分のどのスキルや経験を活かせたら未経験の仕事でも活躍できるか」

未経験の考え方をさらに詳しく知りたい方は次の記事も読んでみてください。

未経験の業界や仕事に挑戦したい方はこちら

手順2 自分の魅力を掘り下げる

自分の魅力を掘り起こす

企業とのミスマッチングを減らすためには、自分に合う企業をみつける必要があります。

そのためには自分の魅力を掘り下げが最適で、おすすめは自己分析です。

【目的→過去→共通点】3ステップでできる自己分析のやり方

自己分析はたった3ステップです。

  • 目的を探す
  • 過去をふり返る
  • 共通点をつなげる

自分の魅力は過去の行動に詰まっています。

過去のできごとの共通点を探して、自己理解を深めていきましょう。

もっと自己分析を深堀りしたい方へ

【たった3ステップ】自己分析のやり方を解説!転職や就活で活用できるツールを紹介

手順3 自分のスキルを活かせる会社を探す

自分のスキルが活かせる会社?

業界をしぼって自分の魅力がわかったら、最後は自分に合う会社を厳選します。

  • 働きがいのある会社か、自分の条件と合わせてみる
  • 企業が求める人材と自分の持ち味を合わせてみる

会社を選考して、自分に合うかを見極めていきましょう。

企業研究のやり方をさらに詳しく知りたい方はこちら

転職での企業研究のやり方を徹底解説!ポイントは【位置・ビジネスモデル・持ち味】

3つのステップで自分の条件に合う会社をみつけられます。企業研究して納得のいく転職活動にしていきましょう。

「企業研究はどのくらいすればいい?」と悩んだら目的と目標を考える

企業研究ってどこまですればいいの?

企業研究を進めていたら「どこまでやればいいの?」「終わりがない」と、手が止まってしまいました

そんなときは仕事の目的と達成する目標をみつけましょう。必要な情報のジャンルをしぼれるので、行動に移しやすくなります

【目的】仕事の目的を決めれば必要な情報が分かる

何のために転職するのか

企業研究をどこまですればいいのか悩んでいる人は「何がしたくて転職するのか?」の目的がはっきりとしていない状態です。

「何のために行動するのか」が抜けてしまうとフラフラと希望していない着地点にしかたどり着けません。

まずは目的を決めてから企業研究を進めていきましょう。

【転職活動をする理由】目的の決め方

転職活動は情報戦です。

目的の決め方がよくわからない人は次の4つから選んでみてください。

おすすめの企業研究の目的

スキルアップのため

給料アップのため

プライベートの時間を確保するため/

やりたい仕事のため

【目標】目的を達成するための情報を探す

目的を達成するための情報とは?

目的が決まったら、次はどのような情報を集めたらいいのか目標を立てていきます。

目的と目標はスタート地点とゴール地点です。

流れに乗って行動すればいいので企業研究が楽になります。

【目的→目標】どのような情報が必要?

情報収集のポイント
  • スキルアップや、やりたい仕事のためなら【会社の業績】
  • 給料アップのためなら→【業界の情報】
  • プライベートのためなら→【会社の状況の情報】

効率的に時間を使うためにも、目的と目標を決めておきましょう。

目的と目標の立て方をもっと詳しく知りたい方はこちら

【企業研究はどこまで?】転職の目的と目標を達成できればOK!

企業研究は目的を達成する情報が集められたらOKです。「企業研究はどこまですればいいんだろう?」と悩んでいる人は目的と目標を決めてしまいましょう。

企業研究がわからない、企業研究できないときは?Q&A

企業研究がわからないときは?Q&A

企業研究とは応募する前に、自分と会社をマッチングさせることです。

自分のやりたい仕事をみつけるためにいます。

【詳しくは、記事内の「【企業研究の意味を知る】企業研究がわからない状況から抜け出すためには」をチェック!】

企業研究の量に悩んだら、次の2つを試してみましょう。

  • 【目的】仕事の目的を決めれば必要な情報が分かる
  • 【目標】目的を達成するための情報を探す

企業研究に悩むときは目的がはっきりとしていないからです。しっかり確認していきましょう。

【詳しくは、記事内の「「企業研究はどのくらいすればいい?」と悩んだら目的と目標を考える」をチェック!】

企業研究は次の3つの方法で簡単に済ませられます。

  • 働きたい業界をみつける
  • 自分の魅力を掘り下げる
  • 自分のスキルを活かせる会社を探す

自分も企業を選考して、合う会社をみつけていきましょう。

【詳しくは、記事内の「仕事とプライベートを両立させる企業研究3つの方法」をチェック!】

企業研究がわからないときは仕事の目的をみつけて会社を選んでみよう!

企業研究がわからなくても目的があれば大丈夫

いかがでしたか?

この記事を読めば企業研究の意味や、どこまですれば十分なのかが分かり、実践する3つの方法を理解していただけたと思います。

自分のやりたい仕事と会社の求める人材がマッチングするか、企業研究で確認していきましょう

最後に記事のおさらいです。

気になるところは何度も読み返して、実践してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

みんみ

市場価値ドットコムブログの管理人のみんみと申します。就活を経て入社1年目は総務職、3年目から一般事務職(営業事務職)、現在はオペレーター兼ネットワークエンジニアで得意先に出向中です。 市場価値と自分軸を知り、事務職から専門技術職へ職種チェンジしました。 ストレスなく仕事に臨んで、毎日を楽しく過ごしています。

目標は【自信をなくした全世界の人にじぶんの魅力を気づいてもらう】ことです。

-業界研究・企業研究
-