市場価値がない?
【市場価値がない?】転職か仕事を続けるか悩む人が取るべき手段3選

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら このような不安をかかえて毎日を過ごしていませんか?このもやもやとした不安、実は自分軸がないせいで生まれています。 理由なく今の会社で働き続けている 悩みを相談できる相手がいなくてどうしたらいいのか分からない 転職した方が良いのか会社に残った方がいいのか悩んでいる 自分の目標のために働きます。会社や仕事のためではありません。 この記事を読めば市場価値診断で自分の悩みが浮きあがり、可能性を高めるポイントが分かります。 大丈夫です。自分の自分軸を知れば不安や悩みを減らせ

転職ツールを使いこなす!
【おすすめの転職ツールとは?】自分に合う選び方や失敗しない方法を解説

「転職したい」「転職に興味がある」と思っても、情報が多くて悩んでいませんか? どれを選べばいいか迷ってしまうのは転職者によくある悩みなんです。 この記事では自分に合う転職ツールの選び方からおすすめのポイントやデメリットまで、初めて転職する方にも分かりやすく解説しています。 求人を募集している企業と転職者はお互いに選ぶ権利を持っているからです。 市場価値を確認したり自己分析に活かしたりと、転職活動は自分の成長を後押しできます。 気になるところを読んで、自分にあった転職ツールを見つけてください。 将来を見つめ

転職で天職をみつける?いまの仕事を天職にする?
【転職で天職】天職はつくれる!仕事にやりがいを感じる方法のみつけ方

こんな疑問や悩みをお持ちではないですか? じぶんのやりたい仕事を見つけ、少しずつじぶん流にアレンジすれば、仕事は天職になります。 天職のつくり方を知らないだけで、誰でも仕事を天職にすることができるのです。 この記事では「天職とはいったいなにか?」「天職をみつけるためにはどうしたらいいのか?」を解説していきます。 転職活動や日々の日常で天職をさがすきっかけにしてください。 天職とは? 天職とはいまの仕事をじぶん流にアレンジして、やりたい仕事につなげることです。 天職は運命的な出会いではうまれません。じぶんの

【仕事に向いてない】をつづけるデメリット
【仕事に向いてない】転職するべき?つづけるべき?働く悩みを解決!

こんな悩みでモヤモヤしていませんか? この記事を読むと、仕事が向いてないと思う原因や今後どうすればいいのかがわかり、自分の進むべき方向が決まります。 働いているとかならず仕事に向いてる・向いてないを感じるときがあります。 自分の違和感を大切にして、マッチする仕事や企業を探していきましょう。 どうして仕事が向いてないと思ったのか どうして仕事が向いてないと思ってしまったのか、原因を深堀りしましょう。 原因がわかれば次の行動をどうすればいいのか、今のままでいいのか判断ができるようになります。 仕事に向いてない

市場価値が低い?のウソを解説!
市場価値が低い人とは?転職に使える経験やスキルのアピール方法を解説

といった悩みを持っていませんか? この記事でわかることは市場価値の低い人の特徴や、市場価値の低い人材から抜け出す方法です。 自分の価値を知らないと、人材として価値がないのかもといった、無駄な心配をしてしまいます。 次の4つの方法で自分の価値がわかります。 市場価値を計算する 市場価値が高い人材はどんな人かを知る 市場価値を高める4つの方法 転職活動で企業のほしい人材を把握する 本当に自分の価値は低いのか?を把握して、正しい自分の市場価値を知っていきましょう。 自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら 簡単

もっと見る

仕事での【イライラ】が自分の得意?!
得意と特技はイライラからさがす!怒りから得意を見つけて仕事に活かす方法

このような悩みをお持ちではないですか? この記事ではイライラするポイントから得意を見つけられ、仕事に活かすコツがわかります。 感情的になる=自分がすばやく対処できたり行動できたりすることです。 「周りの人の作業が遅い」 「自分ならもっと上手くできるのに」 このような考えをもっている自分は不適格ではないか?と心配されている方は安心してください。 イライラは自分の深層心理をあらわす貴重なサインです。 自分で自分の得意は見つけにくくなっています。かんたんにできることなので脳の負担が少なく、意識せずに済ませられる

自分の強みは【やりたいこと】×【資質】× 経験】でつくる
転職で長所と資質をアピールするときは「自分の強み一覧」をつくる

このような悩みをお持ちではないですか? この記事では「自分の強みをつくって転職に活かす方法」と「強みをアピールする効果的な方法」がわかります。 転職でアピールする自分の強み=やりたい仕事×資質×経験 自分の強みと企業のほしい人材をマッチさせることが転職です。この記事を読んで、何のスキルをつかえば自分と企業がWin-Winな関係を築けるのか探ってみてください。 自分の強み一覧は「やりたい仕事×資質×経験」でつくる 一般的に強みは資質と経験をかけ合わせてうまれると言われています。 企業は実績に重点を置いている

転職に必要なのは経歴やスキルではなく「自分の強み」!
【自分の強みとは?】苦手と弱みを克服できないワケと強みを知る方法

このような悩みをお持ちではないですか?この記事を読めば、自分の強みはなにかが分かります。 知っているだけで問題ありません。 強みにするためにはなにが必要なのか、転職で強みをアピールするためにはどうしたらいいのか解説します。強みは自分の内側にねむっています。掘りおこしてみましょう。 少しでも自分の強みを知っていれば、有利な転職活動ができるようになります。 自分の強みとは「自分がなにをやりたいのか知っている」こと 人には才能の土台があります。うまれもった誰もが持っているスキルです。 才能は自分の軸のスキルなの

「一貫性に欠ける」ならつくればいい!
転職の一貫性とは?経験なしでも転職できる「一貫性を持たせる」方法

こんな悩みをお持ちではありませんか? 転職の一貫性はつくることができます。 「じぶんの軸をもって行動した結果が経歴」 「将来なりたい姿をめざして、必要な経験のために働いてきた」 前向きな考えをもつと、いままでの経験に説得力が出てじぶんの自信を高めることにつながります。 この記事を読めば、じぶんのスキルと経験の一貫性をもたせ、「どうしてこの仕事を選んだのか」に回答できるようになります。 転職や経歴に自信がないときは、一貫性をつくっていきましょう。 転職の一貫性とは「じぶんの軸をもって仕事ができる」こと 転職

資質は才能、素質は土台
資質能力とは?転職に必要な「じぶんオリジナルブランド」をつくる

こんな疑問をお持ちではありませんか? この記事では、資質とは何か、使い方や素質との違いがわかり、自分軸を確立した状態で転職活動ができるようになります。 じぶんの資質を見つける方法や転職に活かせる資質を向上する方法、転職の道筋を解説します。 資質能力とは? 資質能力とは生まれ持った才能です。 「無意識で発揮できる力」「性格や価値観、持ち味をかけ合わせたもの」の2つを解説します。 無意識で発揮できる力 性格や価値観、持ち味をかけ合わせたもの あわせて読みたい 【自分の強みとは?】苦手と弱みを克服できないワケと

もっと見る

自己分析は気持ち悪い?
自己分析は気持ち悪い?自分と向き合えない悩みを一発解決。自己分析には反転ワザをつかえ!

このような気持ちになっていませんか? 実は自己分析を気持ち悪いと感じるのは自己分析のやり方に問題があるからです。自己分析は自分がやってきたことをふり返るだけなので気持ち悪く感じることではありません。 弱みやマイナス面を反転させて、ポジティブに考えていきましょう。この記事では自己分析を気分よく済ませられるポイントを解説します。 実践する自己分析方法はたったの2つです。 どうして自己分析をするのか、目的を決める ジョブ・カードや自己分析シートをつくる 自己分析はデメリットよりもメリットが多いので、積極的に取り

自己分析は社会人こそ必須?!仕事に悩んだときに読む「SWOT分析で社会人流自己分析」

このような悩みや疑問を持っていませんか? この記事を読むと社会人に自己分析が必要な理由が分かり、*SWOT分析で仕事や転職に役立つ自己分析ができます。 (*SWOT分析:強み、弱み、機会、脅威の4つから課題や戦略を見つけるマーケティング手法) 社会人に自己分析は必須です。 就活のときに自己分析したから十分では?と思った方はもう一度やり直すことをおすすめします。 就活の自己分析は学生時代の経験からしか自分を見ていません。自分を見つめ直して、仕事や趣味、生活に活かしていきましょう。 まずは社会人が自己分析する

キャリアの棚卸しとは?
【キャリアの棚卸しとは?】転職に有利なジョブ・カードのつくり方を徹底解説

このような悩みを持っていませんか? 実はキャリアの棚卸しが足りないせいで悩みをかかえてしまっています。 行動すればいいと分かってはいるものの、何から始めたらいいのかで進めていないからです。 キャリアの棚卸しと聞くと難しそうなイメージですが、自分の立ち位置を整理してキャリアマップをつくるだけです。 この記事を読めばキャリアの棚卸しにおすすめな方法キャリアマップとジョブ・カードのつくり方が分かります。 キャリアマップは職業能力評価基準が元になっているので、スキルや経験の習熟度が分かり、今の立ち位置を把握できま

転職の自己分析ツールはこれだけ!向いてる仕事が分かる転職ツールを一挙公開
転職の自己分析ツールはこれだけ!向いてる仕事が分かる転職ツールを一挙公開

このような悩みをもっていませんか? 実は転職に利用できる自己分析ツールは多くありません。 この記事で紹介している自己分析ツールは自分の向いている仕事や、経験やスキルと一致するのかを確認できます。 1つ目の自己分析・診断ツールは転職エージェントではない面談サービスです。 無料で性格診断からキャリアのパーソルトレーニングなどを行えます。 2つ目の転職エージェントはキャリアカウンセラーと面談してキャリアの棚卸します。 職務経歴書をもとに需要のある職種や現時点での転職市場の様子を確認できるのでおすすめです。 無料

最大3ステップ【自己分析】
【たった3ステップ】自己分析のやり方を解説!転職や就活で活用できるツールを紹介

今の会社が嫌で転職したいけど、自分にはスキルも経験もない。自信がないからできない。 自己分析なんてやっても意味がないからやっていない。でも将来どうしたらいいのか分からない。 自己分析をもっと簡単にやりたい。手間がかかって面倒くさい! このような悩みをお持ちではないですか? この記事を読めば自己分析ができる簡単な方法やツールが分かり、転職だけではなく就活や将来の計画に役立ちます。 自分の過去をふり返って行動の共通点を探します。辛かったときから抜け出せた方法や、仕事でピンチを乗り越えた方法を見つけられれば、ど

もっと見る

自分に合う会社を探すために企業研究する
【企業研究がわからない】仕事とプライベートが両立する会社の選び方3選

企業研究がわからなくて、何もできない今の状況に悩んでいませんか? この記事では仕事とプライベートを両立できる仕事の探し方を解説します。 実は企業研究ができると、自分に合う会社かどうかを選考できます。 仕事や会社の条件が明確になるからです。 その自分に合う会社がみつかる企業研究は、3つのステップで簡単に進められます。 働きたい業界をみつける 自分の魅力を掘り下げる 自分のスキルを活かせる会社を探す 企業研究は自分と会社をマッチングさせて行います。 わからない状況から抜け出して、仕事とプライベートを充実させて

企業研究シートを活用して志望動機を厚くする
【転職の企業研究シートを無料配布中】企業研究のやり方を徹底解説

このような悩みを解決する方法を、この記事で解説しています。 企業研究シートとは企業の情報をA4数枚のシートにまとめて競合他社と比べたり、自分のスキルや経験と合うかマッチングさせたりして使うシートです。 企業研究シートを作れば、企業研究と業界研究をまとめて済ませられて楽ですよ。 企業研究で得た情報と自己分析の結果をマッチングさせましょう。 企業と競合他社、自分とほかの転職希望者を差別化していきます。 転職で企業研究シートを作るのは「転職先の候補をしぼる」ため 転職は自分の将来を決める重要な役割を持っています

転職で企業研究が不足すると?
転職で企業研究が不足すると?転職が失敗する原因を詳しく解説

この記事では、 このような疑問や悩みを解消する方法を解説しています。 転職活動で企業研究が不足すると、転職後に仕事を辞めたくなったり将来に不安を残したりと、後悔してしまいます。 この記事を読んで企業が求める人材の調べ方を知り、自分の価値を最大限にアピールしていきましょう。 時間がない人にもおすすめの企業研究方法を紹介しています。 インターネットや第三者視点の転職エージェントを活用して時間やお金の負担を減らしていきましょう。 「何を求められているのか分かっていない」企業研究が不足している人にありがちな失敗3

企業研究はどこまで?
【企業研究はどこまで?】転職の目的と目標を達成できればOK!

このような悩みをお持ちの方は、目的を決めずに企業研究をしていませんか? 「ただ単に必要だから」の考えで行うと、大切な時間やお金を浪費してしまいます。目的のない企業研究には注意が必要です。 この記事では企業研究をどこまですればいいのか、やり方と一緒に詳しく解説しています。 記事の内容を実践すれば、企業の欲しい人材を意識した企業研究ができるようになります。 企業の欲しい人材と自分の強みをマッチングさせて、転職活動を有利に進めていきましょう。 業界研究と自己分析もあわせれば、企業の欲しい人材とマッチングしやすく

転職で企業研究しないのはもったいない!
転職で企業研究しないのはもったいない!時間が節約できる企業研究方法を伝授

企業研究は入社前と後で感じるギャップを減らす方法です。しかし会社の情報を集めて企業研究するだけでは転職できません。 この記事では企業研究が足りなくて後悔している方の統計データを公開し、同じ道に進まないような効率的な企業研究を解説しています。 業界の情報から企業が成長できるかどうかを判断できるので、まずは業界研究からはじめましょう。 記事を読んで企業研究を実践すれば「私のスキルや経験で御社の悩みを解決できる」と企業にアピールできるようになります。 転職で失敗したくない人ほど企業研究をした方がいい理由3選 こ

もっと見る