市場価値が低い人とは?転職に使える経験やスキルのアピール方法を解説

自分の市場価値が低い気がする

自分の市場価値が低くないか確認したい

市場価値が低い人って、もしかして自分?

といった悩みを持っていませんか?

この記事でわかることは市場価値の低い人の特徴や、市場価値の低い人材から抜け出す方法です。

実は「自分の市場価値は低いかも?」と思っている人のほとんどが、正しい自分の価値を知りません。

自分の価値を知らないと、人材として価値がないのかもといった、無駄な心配をしてしまいます。

次の4つの方法で自分の価値がわかります。

本当に自分の価値は低いのか?を把握して、正しい自分の市場価値を知っていきましょう。

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

簡単!1分でできる市場価値診断

簡単!市場価値診断
Q1
目標に向かって行動していますか?

市場価値が低い人とは?

市場価値が低い人とは?

できることが少ない

ネガティブ思考を減らして可能性を狭めない

自分にはできることが少ない、もどかしいと感じていませんか?

  • スキルや経験を活かせない
  • 作業がうまく進まない、やりがいを感じられない

できることが少ないと思うと、できる範囲の作業もできなくなってしまいます。

人は思い込むと、自分の可能性を狭くしてしまうからです。

【ネガティブ思考を減らす】自分の可能性を狭くする

アンコンシャス・バイアスといわれ、無意識の思い込みや偏見で自分の可能性を減らします。

日常の態度や行動に現れてしまい、周りの人や自分に悪影響を与えてしまうからです。

自分だけではなく、家族や友人、職場に対して人間関係や仕事の効率が悪くなってしまいます。

まずはネガティブな思考をなくしていきましょう。

あまり評価されていないと感じる

評価されないなら相手を掘り下げてみる

一生懸命働いているのに、周りの人から評価されないと感じることはありませんか?

自分と周りの評価が一致しないために起きています。

どうして評価されていないと感じるのか

自分の努力の方向が周りと違う方向を向いているのではないか

評価されないと感じたら、相手を掘り下げる

冷静に振り返る必要があります。
転職ではコミュニケーション能力が重要です。

話しているときの相手の表情、態度、言葉の意味を掘り下げてみましょう。

違和感を感じるところを探っていけば、原因が見えてきます。

自分のやりたいことや得意なことを知らない

どのようなことに興味があるのか?で得意を探す

自分のやりたいことが分からず、毎日淡々と仕事をしていませんか?

目標が立てられない、自分のための行動ができていない人は自分の得意なことややりたいことが分かっていません

今働いている企業で自分の目標を立て、達成するための行動ができていない人が多くなっています。

「自分はどのようなことに興味があるのか?」をさがす

自分と向き合い、どんなことに興味があるのかを探っていきましょう。

自分の得意なことを知らないせいでモチベーションは保てず、ストレスが溜まる一方です。

一歩前へ踏み出すためにも、将来を楽しく過ごすためにも、やりたいことや得意なことを知っていることは大切です。

経験がないと思っている

過去の行動のすべてが経験

転職でアピールできる経験や実績がないという方は多いです。

「会社の目標をひたすら達成しただけ」

「上司の指示を聞いて動いただけで、自主性はない」

いままでの働き方や、チーム、部署、会社で活動してきたことはすべて経験になります。

自分では経験ではないと思うことも、掘り下げていくとアピールできる経験です。

経験は過去に取り組んだこと

今の会社に入社してからどんな仕事に取り組んでいたのか、気をつけたこと、失敗したことを含めて見返していきましょう。

会社の目標をひたすら達成する = 達成するための行動ができるスキル

上司の指示で仕事をする = ニーズを理解し、満たす仕事ができるスキル

経験がないのではなく、自分が気づけていないだけです。
もっと掘り下げて、自分の経験を探してきましょう。

人脈やネットワークがつくれない

人脈づくりは何回も話すことから始める

活発的な性格でないから、どうしてもコミュニケーションが続かない、人脈やネットワークがつくれない、という悩みを持つ人は多いです。

「人脈やネットワークがつくれない」は本当でしょうか?

じ会社、取引先、家族、近所の方々、全員人脈やネットワークで築いた人たちです。

【何回も話しかける】人脈がつくれないと悩んだら

心理学では、1回を長く話す人よりも、定期的に数分を話す人の方が好意的に思われます(ザイオンス効果)。

ザイオンス効果では長時間も話す人より話す回数が多い人の方が好意的に感じるからです。

1年に1回程度しか会話がないという人は「遠い縁の人」と言われ、約束事を頼みやすく、また頼まれやすくなっています。

つまり、人脈やネットワークは最近話していない人とも有効ということが分かります。

自分の人間関係を振り返ってみて、どのような人脈やネットワークがあるか見てみましょう。

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

市場価値が低い人は、「自分で自分の魅力に気づいていない」ことです。

客観的な視点で自分のどの点が気になるのか、どのようにすれば低い人から高い人に慣れるのか確認しよう。

「市場価値が低い人」から脱却する方法

「市場価値が低い人」から脱却する方法

市場価値を計算する

市場価値は次の3つで計算する

市場価値を測る方法は3つあります。

  • 転職活動に挑戦する
  • 自分の資質に近い人がどんな仕事をしているのか調べる
  • やりたい仕事に必要なスキルは何か確認する

目で見える数値化は難しいため、実際の転職市場の評価を参考にします。

現在の会社を辞めて新しい会社に転職することはリスクがありますが、転職活動にはリスクがありません。

転職先の企業の求める人材と自分のやりたいことがマッチしなかった場合、お互いがお断りをいれることができるからです。

転職活動は自分も企業を評価することができます。
市場価値を計算するには現実の会社と自分自身で判断することが最も分かりやすいです。

あわせて読みたい

転職で必須な市場価値の測り方とは?企業のほしい人材にじぶんの強みがマッチする方法

企業の求める人材とじぶんの強みを一致させる方法
転職で必須な市場価値の測り方とは?企業のほしい人材にじぶんの強みがマッチする方法

こんな方におすすめ この記事では、市場価値を測って転職活動に活かせる方法を伝授します。 転職は、企業の求める人材とじぶんの持ち味をマッチさせなければいけません。 ほかの応募者と差別化できるように、じぶんの立ち位置を把握しましょう。 市場価値の意味 じぶんの市場価値を知ることは、今の立ち位置を知ることにつながります。 立ち位置が分かれば転職活動でどのように動けばいいか分かり、じぶんに合う企業を探しやすくなるので大切です。 転職とは募集する企業とじぶんのマッチングサービスであり、お見合いです。 「転職活動が未

市場価値が高い人材はどんな人かを知る

市場価値が高い人は得意を知って活かせる人

どのような人材は市場価値が高いのか、興味がありませんか?

市場価値が高い人は大きな特徴があります。
自分の強みを知っていること、得意を活かした経験があることです。

自分の強みは内側に眠っています。過去どうしてその行動をとったのかを掘り下げてみましょう。

自分の魅力である「強み」「持ち味」「得意」を理解し、働きたい企業にマッチするよう転職活動を行ってみましょう。

市場価値を高める4つの方法

自分を知ってブランド化する4つの方法

市場価値を高めるためには、大きく4つの要素が必要です。

「自分の資質を知る」

「経験やスキルをまとめる」

「資質と経験、スキルを組み合わせて「自分オリジナルのブランド」をつくる」

「自分オリジナルのブランドにエピソードを加えて説得力を高める」

市場価値は自分の強みや持ち味を自分が理解することで高めることができます。

経験を振り返り、自分にできること、やりたいことを掘り下げて市場価値を高めていきましょう。

もっと詳しく知りたい

【転職に有利】市場価値の高め方は?じぶんオリジナルのブランドで自己分析

転職に不安な人が読むべき【じぶんの高め方】
【転職に有利】市場価値の高め方は?じぶんオリジナルのブランドで自己分析

こんな疑問や悩みをお持ちではないですか? 市場価値は転職でじぶんのやりたい仕事を探すために必要な要素です。 この記事では自己分析でじぶんの市場価値を高め、転職活動で有利になるようなコツやポイントなどを紹介します。 こんな方におすすめ 市場価値の意味 市場価値とは、「企業が求めている人材とじぶんの持ち味がマッチしているか」を測れるツールです。 就職では自己分析ともいいます。 転職では選考に今までの経験も必要なので、市場価値は必須の要素です。 どうして市場価値が必要なの? 年功序列、終身雇用制度が続けられない

転職活動で企業のほしい人材を把握する

企業の欲しい人材は穴を埋めてくれる人

転職は自分の力だけで成し遂げられません。

自分の強みややりたいこと、得意なことに合う企業を探してマッチングすれば、転職は成功となります。

自分を知ったあとは、企業を知りましょう。

企業研究が有効です。

企業研究をすれば自分とマッチングする会社を探せる

「研究」と聞くと大変な作業のイメージがありますが、有価証券報告書や会社年鑑を読むことで簡単に調べることができます。

どのような人材が活躍しているのか、将来の計画はどのようになっているのかを確認することで、自分とマッチする会社かを判断できるのです。

企業の求める人材と自分の持ち味が一致しなければ転職できません。

しっかり確認しておきましょう。

あわせて読みたい

転職に有利な企業研究とは?大企業にも中小企業にも有効なやり方を徹底解説!

優良中小企業の情報収集はこれで完璧!
転職に有利な企業研究とは?大企業にも中小企業にも有効なやり方を徹底解説!

転職こそ、企業研究が必要です。 大企業にばかり注目するのはどうしてなのか。 それは中小企業の情報が少なくて、情報収集が難しく、応募しにくいからです。 日本にある会社のうち、99.3%以上は中小企業と言われています。 中小企業にも中堅企業、今後の成長に期待できる会社は多いです。 ここでは将来が有望な中小企業を見つけ、少しでもじぶんのやりたいことができる会社に転職できるよう企業研究を解説します。 こんな方におすすめ 企業研究とは? 企業研究とは、転職したい企業の欲しい人材像を把握し、じぶんの持ち味とマッチする

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

市場価値が低い人から脱出するためには「自分を知ること」が最も重要です。

まずは自分の市場価値を測り、高めていけば、転職成功の道は必ず開けます。

働きたい企業に転職する方法

働きたい企業に転職する方法

誰でも持てるポータブルスキルで競争しない

誰でも持っているポータブルスキルは最低限のスキル

ポータブルスキルとは、20代の新社会人が一番初めに見つけるスキルのことです。

上司や取引先とのコミュニケーション能力や交渉術、論理的な思考力、資料作成能力を指します。

どのような企業でも有効なスキルで、持ち運べることからポータブルスキルと言われています。

ポータブルスキルは誰でも持つことができるので、差別化できません。

自分より経験がある人、上位の資格を持つ人材が現れた場合、自分が企業に採用されることはほぼなくなります。

ポータブルスキル以外で勝負する

ポータブルスキルは最低限のスキルです。

職務経歴書や面接などの選考で掘り下げは実務に関わるので確認されます。

企業に尋ねられた場合にポータブルスキルを伝えることは問題ありません。

一番の強みとしては差別化できないので、最小限のアピールにしておきましょう。

自分の経験、強み、持ち味を知り、活かす

経験や強み、持ち味を活かす

自分の魅力をアピールできている人が少ないです。

「自分には実績があり、このような強みがあります」

とアピールしていても、企業の欲しい人材とマッチしていない、実際の自分の強みが違う、経験がさほど有効ではないことが多いです。

自己分析で、過去から自分の持ち味を掘り起こそう

自己分析が足りておらず、表面だけの自分を評価しているケースが多いからです。

転職希望者に多いのは自己分析不足で企業の求める人材とマッチしていないスキルや経験をアピールしています。

もっと自分の強みや持ち味を分析して、転職活動に活かしましょう。

あわせて読みたい

【自分の強みとは?】苦手と弱みを克服できないワケと強みを知る方法

転職に必要なのは経歴やスキルではなく「自分の強み」!
【自分の強みとは?】苦手と弱みを克服できないワケと強みを知る方法

このような悩みをお持ちではないですか?この記事を読めば、自分の強みはなにかが分かります。 知っているだけで問題ありません。 強みにするためにはなにが必要なのか、転職で強みをアピールするためにはどうしたらいいのか解説します。強みは自分の内側にねむっています。掘りおこしてみましょう。 少しでも自分の強みを知っていれば、有利な転職活動ができるようになります。 自分の強みとは「自分がなにをやりたいのか知っている」こと 人には才能の土台があります。うまれもった誰もが持っているスキルです。 才能は自分の軸のスキルなの

差別化を意識する

周りとの違いで勝負する

転職は相対評価です。

自分より高い市場価値を持つ人材が企業に応募した場合、自分が選ばれる可能性はありません。

企業の求める人材に自分がマッチしなければ、評価されることも、採用にグッと近づけることもありません。

周りとの違いを意識することで、ほかの応募者にはない独自の持ち味や強みをアピールできます。

差別化はほかの人にはない、自分だけのオリジナルブランド

差別化は自分を自分オリジナルのブランドにすることです。
ほしいと思ってもらえる人材になるよう、差別化を意識しましょう。

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

転職は相対評価です。

強みや持ち味を自分オリジナルのブランド化することで、ほかの応募者と差別化することができます。

市場価値が低いってどういうこと?Q&A

市場価値が低いってどういうこと?Q&A

市場価値が低いと思っている人は、「自分の魅力に気づいていない」可能性が高いです。

【詳しくは、記事内の「市場価値が低い人とは?」をチェック!】

市場価値を計算する方法は企業のほしい人材と自分の持ち味が一致しているかを確認すれば可能です。

【詳しくは、記事内の「市場価値を計算する」をチェック!】

市場価値が低い人とは?まとめ

上記で紹介した市場価値が低い人の特徴が自分が当てはまっていないか冷静に判断でき、脱却するための行動を取ることができます。

市場価値が低いと転職で不利になるため、自分の強みや持ち味をしっかりと把握して自分オリジナルのブランドを意識しましょう。

最後にもう一度内容をおさらいします。

まとめ

市場価値が低いと思っているのは「自分の魅力に自分が気づいていない」から

市場価値を高める方法は自分の強みや持ち味を知ること

転職は相対評価。自分オリジナルのブランドで勝負!

市場価値が低い、と悩んでいる場合ではありません。

自分は魅力にあふれていて、求められている人材という意識の改革が大切です。
市場価値を高めて、やりたいことができる企業に転職しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

  • この記事を書いた人

みんみ

市場価値ドットコムブログの管理人のみんみと申します。就活を経て入社1年目は総務職、3年目から一般事務職(営業事務職)、現在はオペレーター兼ネットワークエンジニアで得意先に出向中です。 市場価値と自分軸を知り、事務職から専門技術職へ職種チェンジしました。 ストレスなく仕事に臨んで、毎日を楽しく過ごしています。

目標は【自信をなくした全世界の人にじぶんの魅力を気づいてもらう】ことです。

-市場価値
-