転職で必須な市場価値の測り方とは?企業のほしい人材にじぶんの強みがマッチする方法

こんな方におすすめ

  • 市場価値を測って現状を知りたい
  • 少しでもいい会社で働きたい
  • じぶんの強みを活かしてストレスを減らせる仕事をしたい

この記事では、市場価値を測って転職活動に活かせる方法を伝授します。

転職は、企業の求める人材とじぶんの持ち味をマッチさせなければいけません。

ほかの応募者と差別化できるように、じぶんの立ち位置を把握しましょう。

この記事でわかること

市場価値が転職活動に必要な理由

市場価値を測ることで分かる転職の優位性

市場価値を測ることで生まれるリスクや注意点

おすすめの転職エージェントや転職サイト

市場価値の意味

じぶんの市場価値を知ることは、今の立ち位置を知ることにつながります

立ち位置が分かれば転職活動でどのように動けばいいか分かり、じぶんに合う企業を探しやすくなるので大切です。

転職とは募集する企業とじぶんのマッチングサービスであり、お見合いです。

「転職活動が未経験だから怖い」

「何社も受けて採用されなかったら、じぶんが不要な人間と思ってしまう」

市場価値を知ることで、転職への不安を減らせます。

人材がほしい企業と応募者のじぶんがニーズをすり合わせることが転職です。

じぶんの立ち位置が分かる市場価値は「企業にとって、じぶんにとって価値があるか」を判断できます。

市場価値が分からないと、企業にどのようにじぶんをアピールしたらいいのか分かりません。

やみくもに経験や資格を説明しても、「自社と合わない」と言われるリスクが高まるだけです。

市場価値を測ることでじぶんの強みや得意なことのアピール方法が分かります。

転職市場でのじぶんの立ち位置、価値を知ることができるからです。

「この会社はじぶんのやりたい仕事ができるか」で判断できます。

企業は「自社にとって価値のある人」を人材として募集しています。

企業がほしい人材は「会社にとって価値のある人」だけです。

市場価値が分かると、じぶんが企業とマッチするか、やりたいことや得意な仕事ができるか判断できます。

アピールがしやすくなり、企業もほしい人材と一致するので、市場価値を知ることは重要です。

企業のほしい人材とじぶんの持ち味が一致しているか判断しやすい点もポイントです。

持ち味とはじぶんの強みや得意なこと、向いていることを指します。

苦手なことよりも、得意なことの方が時間効率は何倍も変わってきます。

苦手なことはストレスの症状が出てしまい、体が「この作業は危険だから、すぐにやめるべき」と感じてしまうからです。

転職活動がうまく進み、採用が伝えられた後も、「この企業がじぶんにとって一番いい会社なのか」を冷静に見ることができます。

企業だけではなく、じぶんも企業を選考しているのです。

市場価値を測って立ち位置を確認して、じぶんのやりたいこと、得意なことができる企業を探すきっかけにしましょう。

市場価値は転職に必須

じぶんの持ち味と企業のほしい人材が一致しているか確認しよう

市場価値の構成

市場価値の構成

市場価値を構成する要素は大きく4つあります。

  • 資質
  • 自分軸
  • 「向いていること」を知っている
  • 実績、経験の一貫性

市場価値は企業のほしい人材とじぶんの強みが一致しているか確認する要素です。

市場価値をうまく測り、有効活用すれば転職がうまく進みます。

詳しくは市場価値とは?自分軸とは?の記事を読んでみてください。

あわせて読みたい

【市場価値とは?】3分でわかる転職活動を有利にするコツを徹底解説!

転職と自分軸の関係とは?市場価値を高めるために必要な「自分軸の見つけ方」を伝授!

市場価値の測り方

市場価値の測り方

市場価値を測るためには「試しに行動してみる」ことがオススメです。

じぶんのやりたいことを数字に置き換えて優先度を計算することはできます。

市場価値を見ることは、そのときの状況によって変動するので、難しいです。

求人を募集する企業とじぶんの強みが一致しているかはお互いの意識のすり合わせが必要になります。

転職活動に挑戦する

簡単な市場価値を測る方法は「実際に転職活動をやってみる」ことです。

書類を提出したり応募したりすると履歴が残りますが、転職エージェントに登録して話しを聞くだけなら無料でできます。

転職活動のために、転職サイトや転職エージェントは担当のアドバイザーが書類の確認、じぶんの人柄の把握を行ってくれます。

じぶんと企業以外の、第三者の視点で客観視してくれるアドバイザーは貴重です。

面談の予定ができたら、じぶんの強みや得意なこと、やりたいことを伝えてマッチしそうな企業を紹介してもらいましょう。

やりたい仕事がはっきりしていない場合は、アドバイスをもらうことができます。

じぶんの得意なことを伝えて、

「じぶんはこんな強みをもっています。どの強みを活かしたらいいか悩んでいるので、アドバイスがほしいです」

「こんな仕事は避けた方がいいことはありますか?」

と相談してみてください。

具体的な相談になればなるほど的確な回答をもらうことができます。

まずは転職活動に挑戦して、じぶんの市場価値を一度確認してみてください。

アドバイザーから「紹介できる求人がありません」と言われることがあります。

もし求人がなくても、「じぶんには市場価値がないの?」と思わないでください。

はっきりと求人がないことを伝えられるエージェントは信頼できる証拠です。

信頼できない、ノルマを達成することだけが目標のエージェントは、無理にでも応募するよう迫ります。

求人がないと言われたら、情報提供をお願いしましょう。

「どのようなスキルをもつ人材に需要があるのでしょうか?」

「じぶんに不足している経験を教えてください」

「求人がない」は大チャンスです。

転職では情報収集も貴重な戦略です。

市場価値を高めるため、働きたい企業や仕事を見つけるためにも、じぶんの転職スキルを高めていきましょう。

じぶんの資質に近い人が、どんな仕事をしているのか調べる

「じぶんがやりたいことは分かっているけど、どんな仕事が合うのか分からない」

「じぶんの資質に合う、これまでやったことのない仕事を探したい」

市場価値は日常でなかなか測ることがないので、転職活動で悩むことが多いです。

色々な事例を見て方向性を決めたい場合は、「じぶんの資質に近い人がどんな仕事に挑戦しているのか」を調べてみましょう。

一番簡単な方法は、転職エージェントや転職のアドバイザーに質問することです。

転職エージェントでは数々の転職を仲介した実績があります。

  • じぶんに似た資質や強みをもった人はどのような求人に応募して採用されたのか
  • 以前じぶんに合う求人が出ていなかったか、その求人はどんな内容だったか

もし、エージェントやアドバイザー自身に経験がなくても、社内のネットワークを利用して情報収集を行ってくれます。

貴重な情報源になるので、担当者が決まったら質問していきましょう。

質問するときは、じぶんの強みや得意なこと、将来の目標などの詳細も伝えて情報交換をするとさらに転職活動が進めやすくなります。

「何でもいいから紹介して」のような答えに困る質問は言わないでください。

「じぶんに合う求人を教えてください」

「じぶんはどんな仕事が向いていると思いますか?」

抽象的な、ざっくりとした質問はエージェントやアドバイザーの方を困らせてしまいます。

質問するときは、できるだけ具体的な内容を伝えて、的確な答えをもらえるようにしましょう。

  • スキルや経験があるから、こんなことがやりたい
  • じぶんの強みはこれなので、活かせるこの業界に行きたい

あわせて読みたい

【自分の強みとは?】苦手と弱みを克服できないワケと強みを知る方法

やりたい仕事に必要なスキルは何か確認する

市場価値を測るために必要なことは、「じぶんがやりたい仕事、働きたい会社に必要なスキルは何か」を確認することです。

応募する企業のほしい人材とじぶんのやりたいことが一致することで、転職活動が成功します。

ニーズを一致させるために、企業が求めているスキル、経験、人材を調べないといけません。

知ることで、満たせる市場価値の位置にじぶんが立っているのかが分かり、スムーズな転職を行うことができます。

必要なスキルを確認する方法は、大きく3つです。

  • 求人の募集要項を確認する
  • 転職エージェントや転職のアドバイザーにやりたいことを伝えて、必要なスキルを教えてもらう
  • 現在の転職市場で求められている人材はどのような人か経験者に聞いてみる

転職活動は無料でじぶんの市場価値を図れる貴重な機会

じぶんの立ち位置を知るためにも転職エージェントに登録してみよう

市場価値の高め方

市場価値の高め方を紹介します。

  • じぶん自身の資質を知る
  • 経験やスキルをまとめる
  • 資質と経験、スキルを組み合わせて、じぶんオリジナルのブランドをつくる
  • じぶんオリジナルのブランドにエピソードを加えて説得力を高める

詳しく知りたい方は「市場価値の高め方」の記事を読んでみてください。

あわせて読みたい

【転職に有利】市場価値の高め方は?じぶんオリジナルのブランドで自己分析

メリット

市場価値を測るメリット

企業のほしい人材と、じぶんの強みが一致しているか判断できる

市場価値を知れば、企業に求められている人材が自分かどうかが分かります。

数値化した市場価値をもとに、企業は応募している人たちから自社にマッチする人材を評価しているのです。

メリットを有効活用するためには、やりたいことや企業の求める人材を書き出しましょう。

見えるようにすると、グッとイメージが付きやすくなり、じぶんを客観視しやすくなります。

例:IT企業に転職したいAさんの場合(営業職希望)

やりたい仕事企業の求める人材/じぶんの強み譲れない条件
IT業界で独立系の企業複雑な機器の入れ替えを管理残業は月15時間以内
システム開発企業でルート営業職機械の知識、仕入先から情報収集で提案目標を達成したら成果報酬を受け取る
B to B(企業向け)新しいサービス、製品への興味関心があるプライベートに干渉しない社内環境
メンテナンスや保守対応聞く力があり、顧客の要望をヒアリングできる
機器の入れ替え提案迅速なレスポンスで信頼獲得

どのスキルや経験をアピールすればいいか分かる

市場価値を測ることで、現在のじぶんの立ち位置がハッキリと分かります。

企業の求める人材像や必要なスキルが分かっている状態です。

じぶんのどの強みや得意なことが一致するのかアピールしやすくなります。

ストレスを減らせる

会社の中で、ほかの人が苦手な仕事がじぶんの強みだった場合、引き受けられます。

逆にじぶんが苦手な仕事を、得意な人にお願いすることも可能です。

お互いにWin-Winの精神が生まれ、信頼関係が芽生えます。

じぶんの得意な仕事を選んで働くことができるので、苦手なことを避けてストレスを減らすことができます。

市場価値を測ることでストレスを減らせ、働きやすい環境をつくることができる

リスク、注意点

じぶんを過小評価、過大評価してしまう

客観視が不足してしまうおそれがあります。

じぶんに自信がなくて、過小評価するからです。

逆に過大評価してしまう危険性もあります。

転職活動に市場価値を活かしたい場合は、1人で決定しないようにしましょう。

客観的に見ることで、市場価値を高めることもできます。

転職エージェントのアドバイザーや身近な人、オンラインサロンに加入して意見をもらうと自分軸を見返すきっかけになります。

スキルや経験が足りないと気づいたときに、どうやって改善すればいいのか分からなくなる

市場価値を測ると、じぶんの市場価値が分かると同時に、足りないスキルをどう補えばいいのか悩むことがあります。

やりたい仕事や興味のある仕事に必要な経験は、必ずしもじぶんの経験と一致するとはかぎりません。

市場価値を測って現状を見つめ直し、必要なスキルや経験を確認しましょう。

スキルや経験が足りない場合は、つくればいいだけです。

現在の会社で磨くことや、別の会社で経験を積むことも可能となります。

じぶんのやりたいことをやるためにも、現状を把握して行動しましょう。

じぶんでじぶんの評価をすることは難しい

客観的にじぶんを見て、冷静に行動しよう

市場価値の測り方Q&A

市場価値の測り方Q&A

市場価値を測るためには、実際に転職活動をすることがオススメです。

【詳しくは、記事内の「市場価値の測り方」で解説しています。】

注意点がいくつかあるので、市場価値を測るときはしっかり目を通しておいてください。

【詳しくは、記事内の「リスク、注意点」で解説しています。】

市場価値の測り方とは?まとめ

市場価値の測り方まとめ

市場価値を測ることで、転職活動を有利に進めることができます。

企業のほしい人材や、じぶんの立ち位置が分かります。

転職エージェントに登録して「紹介できる求人がない」と言われてしまった場合、じぶんが成長できる貴重な機会です。

満たしている条件、足りないスキルや経験を客観視できるので、第三者の転職エージェントやアドバイザーの方と積極的にコミュニケーションを取りましょう。

ほかの応募者と差別化するためにも、市場価値を測ることをオススメします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

みんみ

市場価値ドットコムブログの管理人のみんみと申します。就活を経て入社1年目は総務職、3年目から一般事務職(営業事務職)、現在はオペレーター兼ネットワークエンジニアで得意先に出向中です。 市場価値と自分軸を知り、事務職から専門技術職へ職種チェンジしました。 ストレスなく仕事に臨んで、毎日を楽しく過ごしています。

目標は【自信をなくした全世界の人にじぶんの魅力を気づいてもらう】ことです。

-市場価値
-