【市場価値とは?】3分でわかる転職活動を有利にするコツを徹底解説!

転職したい。でも自分のやりたい仕事がわからない。

今の会社がつらい!ストレスのない仕事がやりたい!

転職には市場価値が大切って聞くけど、市場価値って簡単にいうとなに?

このような疑問をお持ちではありませんか?
この記事を読めば自分の市場価値がわかり、転職活動でやりたい仕事をみつけることができます。

市場価値は自分の持ち味と企業の求める人材がマッチすることです。

自分を主役にする【資質・自分軸・向いてること・一貫性】の構成でできています。

「やりたいことがない」

「得意なことがない」

悩んでいる方は少しずつ自分を掘り下げていきましょう。

自分の深層心理を知り、短所を反転させたり長時間つづけても疲れないことを掘り下げたりすると、市場価値を高めることができます。

市場価値ドットコムでは転職したい自分の一歩を後押しする市場価値の基礎知識をご紹介します。

市場価値とは?

市場価値とは「じぶんの持ち味」です。

じぶん自身を商品として売ったときの価値とも言います。
市場価値が大切になっているのは、今の日本企業が年功序列を続けることが難しくなっているからです。

一つの会社に定年まで残れなくなっています。
日本総転職時代です。

「転職なんてやったことがない」

「今の会社に残れるなら残ったままでいたい」

今の会社に不満がないのなら、会社に残るのも一つの手です。
今まで積み重ねてきた人間関係、スキルを活かせます。

問題なのは、残り続けるとじぶん自身の価値を下げてしまうことです。

日本企業はじぶんの会社用のスキルを持った人材の量産が得意です。
新卒採用、定期的な人事異動でまんべんなく仕事ができるよう育成します。

その分、他の会社でも活躍できるスキルを上げることが苦手です。
総合的なスキルを持った人材の育成に力をそそいでいるので。

じぶんの価値を下げないためには転職が必要になります。
他の会社でも経験を積み上げれば、どんな会社でも働けることができます。

転職に不安を持っている人は大丈夫です。
じぶんの市場価値を知っていれば、転職は怖くありません。

むしろメリットが大きいです。
自分の市場価値を知って、転職活動を有意義なものにしましょう。

市場価値とはじぶんの持ち味のこと。
最大限に活かすことで転職に有利になる!

市場価値の構成

市場価値は大きく4つで構成されています。

資質

性格や価値観、持ち味を掛け合わせたものを指します。


10代や20代で「やってみたらすぐにできたこと」が資質です。


意識せずに発揮できるスキルなので、じぶん自身を分析しても気づきません。
ストレングスファインダー診断や他の人の評価で判断することができます。

あわせて読みたい

資質能力とは?転職に必要な「じぶんオリジナルブランド」をつくる

資質は才能、素質は土台
資質能力とは?転職に必要な「じぶんオリジナルブランド」をつくる

こんな疑問をお持ちではありませんか? この記事では、資質とは何か、使い方や素質との違いがわかり、自分軸を確立した状態で転職活動ができるようになります。 じぶんの資質を見つける方法や転職に活かせる資質を向上する方法、転職の道筋を解説します。 資質能力とは? 資質能力とは生まれ持った才能です。 「無意識で発揮できる力」「性格や価値観、持ち味をかけ合わせたもの」の2つを解説します。 無意識で発揮できる力 性格や価値観、持ち味をかけ合わせたもの あわせて読みたい 【自分の強みとは?】苦手と弱みを克服できないワケと

自分軸

じぶんが一番じぶんのことが分からないと言われています。
それもそのはず、資質と同じ無意識の領域なので気づけません。


自分軸は仕事や日常で「ありがとう」と言われた内容に隠れています。
相手がありがとうと言いたいことは、得意だからお願いしたい、頼りににしていることの裏返しだからです。


パーソナルブランディングのもととなる「じぶん自身のブランド化」に必要な要素です。

自分軸の詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい

転職と自分軸の関係とは?市場価値を高めるために必要な「自分軸の見つけ方」を伝授!

「自分軸」でじぶんをオリジナルブランド化!
転職と自分軸の関係とは?市場価値を高めるために必要な「自分軸の見つけ方」を伝授!

このような悩みをお持ちではないですか? この記事を読めば自分の得意ややりたいことを見つける方法がわかり、仕事や転職に活かすことができます。 自分軸とは自分をオリジナルブランド化する要素です。自分の内側に眠る資質をもとに得意ややりたいことをつくりだしています。 認知できないから気づきにくいのです。 逆に嫌いや苦手は脳がストレスホルモンによって自覚し、意識するから気づくことができます。 この自意識を利用して、得意ややりたいことの自分軸をみつけます。 自分の持ち味と魅力を最大限に活かして仕事にうち込みましょう。

「向いていること」を知っている

好きなこと、できることではなく、「向いていること」が大切です。


向いていることが分かれば仕事を自由に選択し、会社に集中して働くことができます。
好きなことやできることは、意外にも自分の得意なことでないことが多いです。

あわせて読みたい

【仕事に向いてない】転職するべき?つづけるべき?働く悩みを解決!

【仕事に向いてない】をつづけるデメリット
【仕事に向いてない】転職するべき?つづけるべき?働く悩みを解決!

こんな悩みでモヤモヤしていませんか? この記事を読むと、仕事が向いてないと思う原因や今後どうすればいいのかがわかり、自分の進むべき方向が決まります。 働いているとかならず仕事に向いてる・向いてないを感じるときがあります。 自分の違和感を大切にして、マッチする仕事や企業を探していきましょう。 どうして仕事が向いてないと思ったのか どうして仕事が向いてないと思ってしまったのか、原因を深堀りしましょう。 原因がわかれば次の行動をどうすればいいのか、今のままでいいのか判断ができるようになります。 仕事に向いてない

実績、経験の一貫性

転職に大切なのは「一貫性」です。


自分の仕事の軸はブレていないか、スキルは継続して磨かれているかで市場価値は上下します。


実績や経験は強みとしてアピールできます。
しかし、転職ではNGです。


じぶんより能力の高い人、経験が長い人が出てきたら勝てないからです。


転職は志望者の中から会社に合う1位の人材を採用します。

「一貫性なんて持っていない」

「転々と転職してしまった」


心配いりません。

一貫性は作ることができます。

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

あわせて読みたい

転職の一貫性とは?経験なしでも転職できる「一貫性を持たせる」方法

「一貫性に欠ける」ならつくればいい!
転職の一貫性とは?経験なしでも転職できる「一貫性を持たせる」方法

こんな悩みをお持ちではありませんか? 転職の一貫性はつくることができます。 「じぶんの軸をもって行動した結果が経歴」 「将来なりたい姿をめざして、必要な経験のために働いてきた」 前向きな考えをもつと、いままでの経験に説得力が出てじぶんの自信を高めることにつながります。 この記事を読めば、じぶんのスキルと経験の一貫性をもたせ、「どうしてこの仕事を選んだのか」に回答できるようになります。 転職や経歴に自信がないときは、一貫性をつくっていきましょう。 転職の一貫性とは「じぶんの軸をもって仕事ができる」こと 転職

【自分の強みとは?】苦手と弱みを克服できないワケと強みを知る方法

転職に必要なのは経歴やスキルではなく「自分の強み」!
【自分の強みとは?】苦手と弱みを克服できないワケと強みを知る方法

このような悩みをお持ちではないですか?この記事を読めば、自分の強みはなにかが分かります。 知っているだけで問題ありません。 強みにするためにはなにが必要なのか、転職で強みをアピールするためにはどうしたらいいのか解説します。強みは自分の内側にねむっています。掘りおこしてみましょう。 少しでも自分の強みを知っていれば、有利な転職活動ができるようになります。 自分の強みとは「自分がなにをやりたいのか知っている」こと 人には才能の土台があります。うまれもった誰もが持っているスキルです。 才能は自分の軸のスキルなの

市場価値診断

じぶんの市場価値は診断できます。

もしも「低い」「足りない」と出ても心配しないでください。

じぶんがじぶんの魅力に気づいていないだけです。

あわせて読みたい

転職で必須な市場価値の測り方とは?企業のほしい人材にじぶんの強みがマッチする方法

企業の求める人材とじぶんの強みを一致させる方法
転職で必須な市場価値の測り方とは?企業のほしい人材にじぶんの強みがマッチする方法

こんな方におすすめ この記事では、市場価値を測って転職活動に活かせる方法を伝授します。 転職は、企業の求める人材とじぶんの持ち味をマッチさせなければいけません。 ほかの応募者と差別化できるように、じぶんの立ち位置を把握しましょう。 市場価値の意味 じぶんの市場価値を知ることは、今の立ち位置を知ることにつながります。 立ち位置が分かれば転職活動でどのように動けばいいか分かり、じぶんに合う企業を探しやすくなるので大切です。 転職とは募集する企業とじぶんのマッチングサービスであり、お見合いです。 「転職活動が未

市場価値が分かると転職で有利になる

「職務経歴書、履歴書に何を書けばいいのか分からない」

「面接が怖い」

市場価値が分かればこんな悩みがなくなります。

じぶんの市場価値を知ることでじぶんの持ち味が分かり、得意を活かす会社で働くことができます。
じぶんの得意が分からないまま転職してしまうと、「こんなはずじゃなかった」「仕事が辛い」と前向きに生活できません。

得意を仕事にすることで、ストレスが溜まることが少なくなります。
得意なことは意識せず、苦労せずに自然とこなせることです。

ストレスを感じなくなるので事務処理や仕事のスピードが早くなってきます。
自分の活躍の場が広げて、いきいきと過ごしていきましょう。

市場価値が低い人はいない!

市場価値がゼロ。

じぶんには市場価値がない。

断言します。

市場価値のない人はいません。

人には長所があり短所があり、資質があるからです。

資質と経験を組み合わせれば、じぶんオリジナルのブランドをつくることができます。
じぶんオリジナルのブランドなら独自性があり、同じ持ち味を持った人間はいません。

転職での差別化につながるので、その人材を求めている企業で働くことができます。
じぶんの知らない魅力を掘り下げ、高めていきましょう。

あわせて読みたい

市場価値が低い人とは?転職に使える経験やスキルのアピール方法を解説

市場価値が低い?のウソを解説!
市場価値が低い人とは?転職に使える経験やスキルのアピール方法を解説

といった悩みを持っていませんか? この記事でわかることは市場価値の低い人の特徴や、市場価値の低い人材から抜け出す方法です。 自分の価値を知らないと、人材として価値がないのかもといった、無駄な心配をしてしまいます。 次の4つの方法で自分の価値がわかります。 市場価値を計算する市場価値が高い人材はどんな人かを知る市場価値を高める4つの方法転職活動で企業のほしい人材を把握する 本当に自分の価値は低いのか?を把握して、正しい自分の市場価値を知っていきましょう。 自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら 簡単!1分

市場価値を高める方法4選

市場価値を高める方法は簡単です。

  • じぶん自身の資質を知る
  • 経験やスキルをまとめる
  • 資質と経験、スキルを組み合わせてじぶんオリジナルのブランドをつくる
  • じぶんオリジナルのブランドにエピソードを加えて説得力を高める

人なら誰もが資質を持っています。
今までの経験と組み合わせることで、じぶんの持ち味を爆発的に伸ばすことができます。

もっともっとじぶんを磨いていきましょう。

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

あわせて読みたい

【転職に有利】市場価値の高め方は?じぶんオリジナルのブランドで自己分析

転職に不安な人が読むべき【じぶんの高め方】
【転職に有利】市場価値の高め方は?じぶんオリジナルのブランドで自己分析

こんな疑問や悩みをお持ちではないですか? 市場価値は転職でじぶんのやりたい仕事を探すために必要な要素です。 この記事では自己分析でじぶんの市場価値を高め、転職活動で有利になるようなコツやポイントなどを紹介します。 こんな方におすすめ 市場価値の意味 市場価値とは、「企業が求めている人材とじぶんの持ち味がマッチしているか」を測れるツールです。 就職では自己分析ともいいます。 転職では選考に今までの経験も必要なので、市場価値は必須の要素です。 どうして市場価値が必要なの? 年功序列、終身雇用制度が続けられない

まとめ

実は、市場価値は転職をしない人も使えるスキルです。

じぶんの市場価値が分かれば、他の人の市場価値も分析できるようになります。
さらに人脈形成、仕事の振り分けに役立つので、評価を上げることもできます。

市場価値が分からないと、向いている仕事やじぶんの本当にやりたい仕事に集中できません。

じぶんの市場価値を知ることで得意を理解し、苦手なことは他の得意な人に任せられます。
他の人の苦手なことでも、じぶんが得意なことなら任せてもらうことができます。

成長はじぶんで手に入れるものです。
じぶんで築くことで、より、じぶんオリジナルのブランドが強固になります。

会社は人材育成機関ではありません。
じぶんにしかない、じぶんオリジナルのブランドで転職を乗り越えていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

自分の市場価値が分かる転職ツールはこちら

  • この記事を書いた人

みんみ

市場価値ドットコムブログの管理人のみんみと申します。就活を経て入社1年目は総務職、3年目から一般事務職(営業事務職)、現在はオペレーター兼ネットワークエンジニアで得意先に出向中です。 市場価値と自分軸を知り、事務職から専門技術職へ職種チェンジしました。 ストレスなく仕事に臨んで、毎日を楽しく過ごしています。

目標は【自信をなくした全世界の人にじぶんの魅力を気づいてもらう】ことです。

-市場価値
-