【企業研究はどこまで?】転職の目的と目標を達成できればOK!


Warning: preg_match(): Compilation failed: unrecognized character follows \ at offset 1 in /home/c4923279/public_html/shijoukachi.com/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 1524

Warning: preg_match(): Compilation failed: unrecognized character follows \ at offset 1 in /home/c4923279/public_html/shijoukachi.com/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 1524

Warning: preg_match(): Compilation failed: unrecognized character follows \ at offset 1 in /home/c4923279/public_html/shijoukachi.com/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 1524

Warning: preg_match(): Compilation failed: unrecognized character follows \ at offset 1 in /home/c4923279/public_html/shijoukachi.com/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 1524

Warning: preg_match(): Compilation failed: unrecognized character follows \ at offset 1 in /home/c4923279/public_html/shijoukachi.com/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 1524

Warning: preg_match(): Compilation failed: unrecognized character follows \ at offset 1 in /home/c4923279/public_html/shijoukachi.com/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 1524
  • 企業研究のゴールがわからない
  • 企業研究の終わりがみえない。どこまでやればいいの?
  • 転職活動がうまく進まなくてつまずいている

このような悩みをお持ちの方は、目的を決めずに企業研究をしていませんか?

「ただ単に必要だから」の考えで行うと、大切な時間やお金を浪費してしまいます。目的のない企業研究には注意が必要です。

この記事では企業研究をどこまですればいいのか、やり方と一緒に詳しく解説しています。

記事の内容を実践すれば、企業の欲しい人材を意識した企業研究ができるようになります。

企業の欲しい人材と自分の強みをマッチングさせて、転職活動を有利に進めていきましょう。

企業研究は目的と目標があるからこそ、情報を集める手段が決まります。

業界研究と自己分析もあわせれば、企業の欲しい人材とマッチングしやすくなって転職に有利になります。

採用担当者に「この応募者は弊社の欲しいスキルや経験を持っている」と思ってもらえますよ。

企業研究のやり方を早く知りたい人だけ押してください

「目的と目標を決める」企業研究は自分が後悔しないところまで

目的と目標を決める

企業研究はどこまですればいいのか?と悩んでいる人は責任感の強い人です。納得がいくまでやり抜こうとしています。

自分の納得するまで企業研究を続けると、いつまで経っても終わりがありません。

どんな風に企業研究の目的と目標を決めればいいですか?

自分の後悔しない地点を目標(ゴール)にして、達成できる目的を決めれば大丈夫ですよ。

目的を自分の企業研究の軸にすれば目標が分かり、企業研究を進めやすくなります。後悔のない転職活動にしていきましょう。

会社が欲しいのは「業績を伸ばせる人」

業績を伸ばせる人

転職するためには会社の欲しい人材が自分だとアピールしなければいけません。どのような人材を会社がほしがると思いますか?

それは会社の業績を伸ばせる人です。企業研究が足りないと自分の感情を押しつける転職活動になってしまいます。

企業研究が足りていないと一方的なアピールになって転職できない

転職活動でありがちな間違いは自分を一方的にアピールすることです。

自分の熱意やスキル、経験を相手に伝えることは悪いことではありません。

しかし、それは本当に会社が求めている人材でしょうか?

会社がいちばん欲しい人材は業績を上げられる人です。有益な人に成果を上げて欲しいと思っています。

企業の欲しい人材のニーズを満たすためには企業研究が必要

企業研究が不足していると「自分が働きたいから採用して欲しい」と気持ちの押しつけをしがちです。これでは企業のニーズを満たせません。

この一方的なアピールを防ぐためにも、企業研究で目的と目標を決めて採用者の視点を取り入れていきましょう。

はじめに企業研究の目的の決める方法を解説します。「何のために転職するのか」を目的の軸にします。

転職で企業研究が不足すると?転職が失敗する原因を詳しく解説

「何のために転職するのか」目的を決める

何のために転職するのか

企業研究の目的を決めるためには「何のために転職するのか」の軸が必要です。

どのような将来をめざしたいか?を決まずに進めてしまうと、やりたかったことと違う結果になってしまいます。

自分の軸がどこにあるのかを知れば、その方法にあわせた企業研究を選べます。

何のために転職したいのか、少し考えてみてください。

  • スキルアップのため
  • 給料アップのため
  • プライベートの充実のため
  • やりたい仕事のため

「目的が決められない人へ」将来どのようになっていたら嬉しい?から逆算してもOK

目的をうまく決められないときは「将来どのような姿になれば嬉しいか?」を考えてみましょう。

将来のイメージから逆算すれば目的がみえてきますよ。

  • 将来で自分が活躍している姿を思い浮かべてください
  • このなりたい自分になるためには、どのようなスキル、経験、仕事が必要だと思いますか?
  • 想像したスキル、経験、仕事のために今できることを書きだしてみてましょう。これが目的です

目的を自分の軸にすれば企業研究を進めやすくなります。後悔のない転職活動にするためにも、次は目標を決めていきましょう。

「目的を達成するための情報とは?」目標を決める

目的を達成するための情報とは?

企業研究の目的が決まったら、次は目標をさがしていきましょう。

企業研究の目標はどのような情報で目的が達成できるのか?の考えの先にあります。

目的を達成するための必要な情報が集まればOKです。自分に当てはまる項目を読んでみてください。

【スキルアップ、やりたい仕事のため】会社の業績を知る

自分のスキルを磨いたり、やりたい仕事をしたりするためには分析したい会社の業績を調べます。

業績があがる会社は貴重なノウハウをもっています。成長している会社にいる自分も成長できるのはそのためです。

会社の業績はIR BANKや、会社の公式サイトで公表されている決算資料を確認しましょう。

ポイントは報道機関向けの決算資料を読むことです。

表やグラフが多くつかわれていて、簿記の知識がなくてもスラスラと読めます。

IR BANKの使い方はこちら

【給料アップのため】業界を知る

基本的な給料のベースを知りたいときは業界を調べましょう。

給与形態は業界によって変わります。日本企業は業界のルールの枠を出ないからです。

業界の情報は産業情報ガイドや業界のニュースで手に入ります。一度チェックすれば、同じ業界を調べる手間を減らせます。

効率的に時間をつかうためにも、業界をしっかりと調べておきましょう。

産業情報ガイドの使い方はこちら

【プライベートの充実のため】会社を知る

プライベートの充実のためには会社のルールを知る必要があります。

求人に記載されている情報では限界があるので、転職エージェントを活用しましょう。

会社の情報だけでなく、今の転職市場で求められている人材やスキルを教えてもらえますよ。

\ 市場価値が上がる転職がしたい /

おすすめの転職エージェント

目的と目標が決まれば、あとは手段だけ

目的と目標が決まれば、あとは手段だけ

目的と目標は決まりましたか?あとは目的を達成するための手段が必要ですね。

手段を決めるときは採用者の視点を取り入れて企業研究のやり方を決めていきましょう。

ポイントは求人を募集した意図を考えることです。次の項目で詳しくみていきましょう。

後悔を残さない企業研究には目的と目標が必須です。

何のために転職するのか、目的を達成するために必要な情報とは何かを追求していきましょう。

自分のなりたい姿を想像してからスキル、経験、仕事をもとに目的を割り出す方法もありますよ。

どうしても企業研究をしたくない人へ

転職で企業研究しないのはもったいない!時間が節約できる企業研究方法を伝授

【採用者視点】企業側の視点に立って、どのような情報が必要かを考える

採用者視点

企業研究の目的と目標が決まったら、次はどのように必要な情報を集めるかを考えます。

情報収集には採用者の視点が欠かせません。どうして求人を募集するのか?を知って、企業のニーズに答えていきましょう。

転職は相対評価です。企業の欲しい人材に当てはまる人が採用されます。

自分と企業側の2つの視点をもつと、お互いのニーズを満たせます。まずは企業が募集する意図を考えていきましょう。

企業が人材を募集する意図を考える

募集する意図を考える

企業が人材を募集する意図を知れば、どのようなスキルや経験が必要なのかがみえてきます。

自分のもつスキルや経験とマッチングできないか調べていきましょう。

  • どの部署に人材が必要なのか
  • どのような専門スキルが必要なのか
  • 既存の部門の拡大なのか、新しく部門をつくるのか

注意すべきなのはネガティブな理由で人材を募集する企業をみつけたときです。

【要注意企業】人材をネガティブな理由で募集する

会社を選ぶ負担を減らせる

募集する意図を考えるときは、あわせてポジティブかネガティブな理由かも調べておきます。

  • 事業拡大のため、経験者や管理職の人材が不足している
  • 会社が成長しているので社員を増やして戦力を増やしたい

ネガティブな理由であまりにも人材の定着率が低いと感じるときは企業研究を途中で止めましょう。

  • ずっと求人を出しているのに採用できない
  • 人が定着せず、求人が途切れる期間をつくれない

採用者の視点に立つ

採用者の視点に立つ

自分ならどのような人材が欲しいのか、さらに突きつめてみましょう。

経験者が欲しいときは次の2つを確認します。

  • どのようなスキルと経験があれば活躍できるのか
  • 募集要項に優先順位をつけて必須の項目と後回しにできる項目があるかを確認します。

この会社の業績を伸ばすためには、どのような人材だと戦力になるのか?を考えることが大切です。

採用者の視点で企業のニーズを深掘りしていきましょう。

未経験の場合は「どのような人なら一緒に働きたいか?」を追求する

どのような人なら一緒に働きたいか?

未経験の業界や職種に挑戦したいときは「どのような人なら一緒に働きたいか?」も追求していきます。

転職市場では経験者が圧倒的に有利です。業界の知識や経験があるので即戦力になると思われています。

未経験は旗違いの業界から飛び込みます。一から勉強する必要がありますが、ここでは未経験ならではのアピール方法も紹介します。

「今までのスキルと経験を活かせば、この業界でも貢献できる」未経験ならではのアピール方法

それでもその業界に挑戦したいなら「未経験でも今までのスキルと経験を活かして貢献できる」アピールが必要です。

企業に「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえれば、未経験でも採用の道に進めます。

採用者の視点で「どのような人なら一緒に働きたいか?」を意識して考えてみましょう。

採用者の視点があれば企業の欲しい人材が分かります。

どのような人材だと戦力になるのか、どのような人と一緒に働きたいかを考えてみましょう。

企業側の視点になったら、次は実際に企業研究をやっていきましょう。業界研究と企業研究、自己分析を組みあわせて行います。

企業研究のやり方は業界研究×自己分析×企業研究

企業調査のコツは情報をつかい回すこと【業界研究×自己分析×企業研究】

企業研究は業界研究→自己分析→企業研究の順番に行います。

日本の企業は業界によってルールが違います。給与形態や休日の要件などは業界のルールに従って制定されているからです。

業界研究を先に行うことで業界のルールがわかり、企業研究の時間を短くできます。一通りの流れをみていきましょう。

業界研究×自己分析×企業研究

業界研究×自己分析×企業研究

企業研究のポイントは成長しそうなビジネスモデルを見極めることです。業界研究を組みあわせると衰退期の会社をみつけやすくなります。

自己分析と一緒に行えば自分の持ち味と企業の欲しい人材と一致するかマッチングできます。詳しくみていきましょう。

【業界研究】業界のどの立ち位置にいるか?

業界研究

自分が企業研究したい会社をみつけたときは、まず業界を分析するところからはじめましょう。

業界は導入期、成長期、安定期、衰退期の4つに分類されます。

衰退期の会社の場合、会社の成長よりも存続に必死になっています。社員への投資には期待できません。

衰退期の会社を選ばないためにも、企業研究の前に業界研究が必要です。

【自己分析】自分の持ち味とどのように噛み合うか?

自分の持ち味とどのように噛み合うか?

業界と企業の状態がわかったら、最後は自己分析の結果とあわせていきます。自分の持ち味と噛み合わない会社では内定が出て転職したとしても後悔する確率が上がってしまいます。

企業の求める人材が自分のスキル、経験とマッチングしていれば自分のキャリアの形成に役立ちます。

もし噛み合っていない場合は縁がなかったと別の会社の企業研究を行っていきましょう。企業だけが選考しているのではなく、自分も会社を選ぶ立場です。

【企業研究】ビジネスモデルは成長しそうか?

企業研究で企業のビジネスモデルは今後成長すると感じられるか

衰退期ではない会社と判断できたら、次は会社のビジネスモデルが成長しそうかどうかを調べていきます。

公表されている決算資料や経営理念・ビジョンを確認しましょう。会社がどのような軸でビジネスを行っているかがわかります。

自分の納得のいくビジネスモデルを探して、その経営理念やビジョンに賛同できるのか、自分の価値観と照らし合わせてみましょう。

IR BANKの使い方はこちら

【業界研究×自己分析×企業研究】働きがいのある会社か判断する

働きがいのある会社か判断する

業界研究、自己分析、企業研究の結果をもとに、自分の大切な時間をその仕事や会社につかっていいのか?を判断します。

働きがいがあれば自分の成長や経験の蓄積に役立ちます。

悩むときはスパッと気持ちを切り替えて、時間をつかっていい会社をみつけていきましょう。

自分の人生の大切な時間をつかう価値がこの会社にあるのか?を軸に転職活動に取り組んでみます!

企業研究のやり方をもっと知りたい人へ

転職での企業研究のやり方を徹底解説!ポイントは【位置・ビジネスモデル・持ち味】

転職を成功させるコツは自分の人生の大切な時間をつかう価値がこの会社にあるのか?を軸に考えることです。

業界研究、企業研究、自己分析を組みあわせて、自分も企業を選考していきましょう。

悩み「企業研究をどのくらいやったら十分なのかわからない」

悩み「企業研究をどのくらいやったら十分なのかわからない」

自分の不安を消すために企業研究をはじめると終わりがみえなくなります。

まずは将来どのような仕事をしたいのか?から考えてみましょう。

そこからその仕事ができるのはどのような会社なのか、どのような業界に入ればいいのかを調べていきます。

コツは理想の80%の情報量を集めることです。

「理想の80%でOK」転職は縁と運

理想の80%でOK

転職で理想を100%追い求めてしまうと終わりがありません。

日本だけでも400万社の会社があります。その中からひとつひとつ自分に合う会社を探していたら自分の時間を浪費してしまいます。

転職は縁と運です。自分がよくても相手が納得しない場合は転職が成立しません。

転職で選考をしているのは企業だけではありません。自分もまた企業を選考しています。

会社を調べる理想の80%を意識して企業研究していきましょう。自分の時間をつかっていい会社をさがすことも企業研究です。

企業研究は理想の80%を意識して行いましょう。

自分の不安をなくすまでにすると終わりがありません。転職は縁と運の要素もあります。

自分も企業を選考している気持ちで企業研究を進めていくと気持ちが楽になりますよ。

企業研究はどこまでする?Q&A

企業研究はどこまでする?Q&A

どうして企業研究に意味がないと思いましたか?転職活動に企業の情報は必要です。

転職の結果に不満足の人がやっておけばよかったと思うこと第3位は企業研究です。

転職の結果に不満足の人がこれから転職する人へ伝えたいこと
引用:doda(パーソルキャリア株式会社) はじめて転職してみてどうだった?~転職活動の実態調査

転職で悩みをかかえているのかもしれません。詳しく原因を調べていきましょう。

時間をとられるだけ

時間をとられたくない人は企業研究の目的を決められていないのかもしれません。目的と目標があれば必要なところだけ分析すればOKです。調べる手段はいくらでもみつかりますよ。

【詳しくは記事内の 「何のために転職するのか」目的を決めるをチェック!】

お金がかかる

お金がかかるやり方を選んでいませんか?方法を変えてインターネットを活用すれば、お金と時間を節約できます。

自分と相談して自分に合う企業研究方法をみつけていきましょう。

詳しくは 「転職で企業研究しないのはもったいない!時間が節約できる企業研究方法を伝授」の記事の【転職で企業研究にかける時間がない?そんな人におすすめの節約企業研究術】をチェック!

情報が少ない

このサイトではインターネットを活用した企業研究方法を紹介しています。

産業情報ガイドやIRバンクを活用して、企業研究の情報不足を補っていきましょう。

【詳しくは 転職での企業研究のやり方を徹底解説!ポイントは【位置・ビジネスモデル・持ち味】の記事をチェック!】

落ちたらムダになる

たしかに採用されなければその企業の情報はムダになってしまいます。企業の強みや弱みなどは独自の情報だからです。

ここでは企業研究をムダにしない「つかい回せる情報」を紹介します。

  • 同じ業界に転職するために業界の情報をつかい回す
  • 競合他社の情報としてつかい回す
  • 企業研究を行った経験を活かし、企業を選ぶ時間を減らせる

企業研究の情報はつかい回せます。ムダにしないためにも積極的に転職活動をしていきましょう。

企業研究がめんどくさいと感じる人におすすめの企業研究方法を紹介します。

どのような「めんどくさい」かによって対応が変わります。気になるところをチェックしてくださいね。

  • あれこれ調べるのがだるい
  • 会社の人にバレたくない
  • 本業で疲れているからやりたくない

あれこれ調べるのがだるい

調べる内容が多くて困るときは転職エージェントを活用しましょう。

自分のスキルや経験、キャリアの棚卸しなどの自己分析から企業の実情や募集している人員まで、詳しく教えてもらえますよ。

詳しくは 「【企業研究がめんどくさい人必見】転職の悩みを減らす企業研究3」の【【転職エージェントがめんどくさい人向け】上手な転職エージェント活用方法】の記事をチェック!

会社の人にバレたくない

副業や転職活動で周りの人にバレてしまうのは「知らないうちに自分の行動で伝えている」からです。どうしてもバレたくない人は次のポイントを守っていきましょう。

  • 「どうせ退職するから」と会社での態度を変えない
  • 会社で転職の情報を見ない
  • 仲のいい人だとしても、転職していることを会社の人に話さない
  • 仕事終わりや休日に付き合いのある人との食事や飲み会をすべて断らない

本業で疲れているからやりたくない

企業研究は自分のための調査です。将来働く会社のことを調べ、自分とマッチングするかを照らし合わせます。

転職した後で価値観の不一致を起こさないためにもやっておきましょう。

詳しくは 「転職で企業研究しないのはもったいない!時間が節約できる企業研究方法を伝授」の【転職で失敗したくない人ほど企業研究をした方がいい理由3選】の記事をチェック!

企業研究シートと企業研究ノートは同じ内容を書き込んでつくります。保存方法が紙かオンラインかの違いだけです。必須の項目を確認して生きましょう。

  • 会社の基礎的な情報:会社名、所在地、代表者名、従業員数、主な事業項目、取引先など
  • 業界の状態:産業情報ガイドやニュースを読んで集めた情報
  • 企業の状態:IR BANKで売上、営業利益、営業活動によるCF(キャッシュフロー)を確認

GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートを活用したり、手帳やノートに書き込んだりと、自分のやりやすい方法で利用していきましょう。

詳しく企業研究シートを知りたい人は下記の記事を読んでみてください。

【転職の企業研究シートを無料配布中】企業研究のやり方を徹底解説

企業研究はどこまで?【目的を達成して後悔しないところまで!】まとめ

企業研究はどこまで?【目的を達成して後悔しないところまで!】まとめ

いかがでしたか?

この記事を読んで企業研究は目的と目標を決めて自分の理想の80%までやるべきことを分かっていただけたと思います。

採用者の視点をもてば、会社の欲しい人材に自分があてはまるかどうかを判断できます。

納得できる転職活動にするためにも、企業研究をやっていきましょう。

最後に記事のおさらいです。

  • 企業研究はまず目的と目標を決めてから行う
  • 採用者の視点があれば企業のニーズや欲しい人材が分かり、自分とマッチングする会社か判断材料にできる
  • 企業研究は業界研究×企業研究×自己分析と3つを組みあわせる
  • 企業研究をどのくらいやればいいのかわからないときは「理想の80%」でやめておく
  • 転職は縁と運。衰退期の会社や自分の持ち味とあわない会社は「縁がなかった」とスパッと諦める

気になるところはもう一度読み返して、自分の肥やしにしてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

みんみ

市場価値ドットコムブログの管理人のみんみと申します。就活を経て入社1年目は総務職、3年目から一般事務職(営業事務職)、現在はオペレーター兼ネットワークエンジニアで得意先に出向中です。 市場価値と自分軸を知り、事務職から専門技術職へ職種チェンジしました。 ストレスなく仕事に臨んで、毎日を楽しく過ごしています。

目標は【自信をなくした全世界の人にじぶんの魅力を気づいてもらう】ことです。

-業界研究・企業研究
-